嶋津暉之さんによる「八ッ場ダム問題と東京の地下水 ~半世紀の取り組みを振り返って~」の講演ビデオが、あしたの会のyoutubeチャンネルに掲載されましたので、お知らせします。
 この講演は、3月21日、八ッ場ダムをストップさせる東京の会による総会記念集会の折に行われたものです。

 嶋津さんのダム問題との出会いは、1960年代、水問題関係の研究をしていた大学院生として、八ッ場ダム予定地の住民の悲惨な状況に遭遇したことでした。その後、半世紀、東京都職員として水使用の合理化に取り組む過程でダムの不要性に確信を持ち、やがてダム反対運動の支柱として運動を牽引するようになりました。

 八ッ場ダム反対運動の原点に立ち返る貴重なお話です。是非、以下のページでご覧ください。
 https://youtu.be/yt9LfzAHD4Y