八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会からイベントのお知らせです。

 田中正造の視点から見た原発問題と八ッ場ダム問題について、さいたま市で講演会を開きます。講師の菅井益郎先生は、日本の「公害の原点」と言われる足尾銅山鉱毒事件について長年研究されており、「正造の生き方を実践する研究者」と呼ばれ、積極的に原発問題にも取り組んでおられます。
 当日30日と31日、同じ建物の中で八ッ場ダム予定地の写真展も同時開催されます。ぜひ、お立ち寄りください。
 
◆日時:2014年3月30日(日曜日)14:15~16:30(受け付け開始14:00)

◆会場:さいたま市複合公共施設Comunale(パルコの上)10階 浦和コミュニティセンター 第14集会室 
     JR「浦和」駅東口下車すぐ

 講演会 「田中正造に学ぶ 原発・八ッ場ダム問題」
 ・八ッ場ダム住民訴訟の埼玉裁判報告 
 ・八ッ場ダム問題の現状報告
 ・ビデオ「カヤックから見た吾妻渓谷」

 ~同時開催~ 写真展「大切なもの」
   八ッ場ダムが建設されたら失われてしまう美しい景観や動植物の写真を講演会会場の階下で展示しています。※アニマル・サポート・メイトとジョイント開催

  3月30日(日) 11:00~18:00  31日(月) 10:00~17:00
  浦和パルコ9階コムナーレ(さいたま市市民活動センター) 多目的展示コーナー にて

  *吾妻渓谷は消えるのか? 八ッ場ダムは今
  *守らねばならない失われる命