八ッ場ダム事業における「地すべり対策と代替地の安全対策」のページに、新たに「2016年の計画変更による地すべり等の対策」の解説ページをアップしました。
 http://yamba-net.org/problem/wazawai/chishitsu/taisaku-2016/

 八ッ場ダム事業では昨年行われた五回目の基本計画の変更により、事業費が再び増額され、ダム湛水に備えて地すべり等の対策にも新たに予算がつくことになりましたが、一方で、これまで対策が必要であると国交省みずからが説明していた場所の多くが「対策不要」とされました。
 新設ページでは、昨年の計画変更時の国交省の説明資料、その後の国交省による情報開示資料などを掲載して、現計画の対策の問題点を解説しています。
 
 八ッ場ダムはダム予定地の地理的特異性、ダム事業のこれまでの経緯の結果、ダム湖予定地を多くの住宅が取り囲み、地すべり地が多数ある上に、30メートル以上の高盛り土によって造成された水没住民の移転代替地もダム湖畔に造られるという、これまでのダム事業とは異なる厳しい条件を抱えています。
 地すべり対策と代替地の安全対策は、八ッ場ダム事業における今後の最大の課題と言えます。