2月28日に東京・池袋で開いたやんばカフェでは、全日本水道労働組合の村上彰一さんをゲストにお迎えしました。
 村上さんは少年時代をダム水没予定地の川原湯温泉街で過ごし、現在は東京都水道局にお勤めです。
 やんばカフェ「やんばダムと東京の水」では、村上少年の目に映じたかつての川原湯温泉のこと、そして東京都水道と八ッ場ダムとの関係について、興味深いお話を聞くことができました。

 村上さんのお話、質疑応答の要約を以下のページにアップしました。当日、映写されたスライドも一部掲載しています。
 http://yamba-net.org/aboutus/rireki/event-201502/