淀川水系の木津川で進められている川上ダム事業は、八ッ場ダム同様、一旦は見直され、中止の可能性がありましたが、現在、続行中です。
 事業を「見直す」ことになったのは、水需要が減少し、ダム建設の主目的である「都市用水の開発」が不要になっているからです。しかし、伊賀市の水道事業では、貴重な自己水源である地下水の使用をやめ、ダムによって「開発」される河川水に切り替える政策が進められようとしています。
 市民団体「伊賀の水源を守る連絡協議会」がこの計画の見直しを求める署名を提出しました。

◆2017年2月14日 伊賀タウン情報ユー
 http://www.iga-younet.co.jp/news1/2017/02/3152.html
ー川上ダムの新水道計画の見直し求め3152人の署名を提出 伊賀市の市民団体ー

 伊賀市の新たな水道事業基本計画に対し、住民らでつくる市民団体「伊賀の水源を守る連絡協議会」が2月14日、見直しを要望する3152人分の署名を市に提出した。岡本栄市長は上京中で不在だったため、秘書課長が代わりに受け取った。

 計画期間は今年4月から15年間。老朽化を理由に地域で使用している水源12か所と浄水場7か所を廃止し、川上ダムの利水を前提とした「ゆめが丘浄水場」からの供給に切り替えることを盛り込んでいる。

 同連絡協は昨年12月に設立。署名簿の提出には奥澤重久代表(68)とメンバーの一人で元水道事業基本計画策定委員会委員の北川幸治さん(68)が出席した。メンバーらは合併前から使っている地域の水源や浄水場を最大限生かすよう、費用や問題点で市の計画案と比較し、市民への周知や市民が納得する計画の採用を求めている。

 署名集めは廃止予定の水源がある、いがまち地区や阿山地区を中心に昨年12月末から賛同を呼び掛けた。今月末まで継続するという。奥澤代表は署名簿の提出後、「一元化したゆめが丘からの水が供給できない事態が起きたときはどうするのか。今ある水源を守るのが一番」と話した。

 また同市の水道事業基本計画を巡っては、市議会2月定例会に同連絡協や、いがまち地区と阿山地区にある7つの住民自治協議会と私立愛農学園農業高校の代表者らが連名で、地域の水源や浄水場の活用と現状維持を求める請願書を提出。3月2日の産業建設常任委員会で審議される。


 署名を提出した伊賀の水源を守る連絡協議会のフェイスブック
 https://www.facebook.com/isuiungo/