国交省関東地方整備局が8月12日に提示した5度目の計画変更案(再増額)に対して、八ッ場ダム事業の負担金を支出する利根川流域一都五県の議会が増額に同意する各都県の案を了承したとの記事が上毛新聞に掲載されました。

◆2016年10月20日 上毛新聞
ー八ッ場増額同意案 6都県議会が可決ー

 八ッ場ダム(長野原町)の総事業費を増額する基本計画の変更が国土交通省から示されたことを受け、事業費の一部を負担する6都県(群馬、埼玉、東京、千葉、茨城、栃木)の議会は19日までに、増額に同意する議案を可決した。いずれもコスト縮減や工期厳守などを求める意見を付け、月内にも国への回答を終える見通し。

 ダムを巡っては国交省が8月、総事業費を約720億円増額して約5320億円とする計画変更を6都県などに提示。事業費負担が約33億8千万円増の約249億4千万円となる群馬県は、大沢正明知事が変更に同意する議案を議会に提出し、12日の本会議で可決された。
 ダムの計画変更は5回目。国交省は回答を受けた後、関係省庁と協議した上で、基本計画の変更を官報で公示する。

—転載終わり—

 各都県の可決の日程、および賛成、反対議員は以下の通りです。反対議員の多くは共産党で、民進党の議員が反対したのは群馬県議会のみでした。東京都議会では、生活者ネットの3議員が反対し、千葉県議会では、市民ネット2名、社民党1名、無所属1名が反対、埼玉県議会では無所属改革の会の3名も反対しました。

〇茨城県議会
 9月20日 総務企画委員会 変更案を可決
 9月30日 本会議 採決 賛成60名、反対3名ー上野高志、江尻加那、山中たい子(以上、共産)

〇栃木県議会
 10月3日 県土整備常任委員会 変更案を可決  
 10月13日 本会議 採決 賛成49名、反対1名ー野村せつ子(共産) 

〇群馬県議会 
10月4日 総務企画委員会 変更案を可決
10月11日 本会議 採決 賛成41名、反対9名ー黒沢孝行、角倉邦良、あべともよ、後藤克己、小川晶、本郷高明、加賀谷富士子(以上7名、リベラル群馬、伊藤祐司、酒井宏明(以上2名、共産)
 
〇東京都議会 
10月7日 都市整備委員会 変更案を可決
10月13日 本会議 採決
本会議 10月13日 採決 賛成107名、反対20名ー大山とも子、小竹ひろ子、畔上三和子、白石たみお、かち佳代子、里吉ゆみ、植木こうじ、吉田信夫、米倉春奈、曽根はじめ、とくとめ道信、松村友昭、大島よしえ、和泉なおみ、河野ゆりえ、清水ひで子、尾崎あや子(以上17名、共産)、西崎光子、小松久子、山内れい子(以上3名、生活者ネット)

〇埼玉県議会 
10月7日 企画財政委員会 変更案を可決
10月14日 本会議 採決 賛成88名、反対8名ー前原かづえ、金子正江、秋山文和、村岡正嗣、柳下礼子(以上5名、共産)、松坂喜浩 、木下博信 、中川浩(以上3名、無所属改革の会)

〇千葉県議会
10月7日 県土整備常任委員会 変更案を可決
10月18日 本会議 採決 賛成86名、反対9名ー加藤英雄、寺尾賢、丸山慎一、三輪由美、岡田幸子(以上5名、共産)、山本友子、入江晶子(以上2名、市民ネット)、小宮清子(社民)、ふじしろ政夫(無所属)

~~~
関連記事

◆2016年10月8日 埼玉新聞
キャプチャ

◆「10/12群馬県議会本会議、八ッ場ダムとコンベンションの討論・採決」
 http://yamba-net.org/?p=18368