八ッ場ダムは自公政権の復活により、推進が当然という空気が流れています。
 けれども、本当に八ッ場ダムを造ってよいのでしょうか? 
 計画発表から61年目を迎えた今も、八ッ場ダムはまだ本体工事に着手していません。
 参院選群馬選挙区の立候補者の方々に、八ッ場ダムについての政策を問うため、集会を企画しました。
 候補者が出席できない場合は、所属政党関係者が代理で出席されるよう要請しています。
 ぜひ、ご参加ください。

★民主党のかがや富士子候補、共産党の店橋世津子候補が参加、自民党の山本一太候補、幸福実現党の安永あきら候補が不参加とのご連絡がありました。

●日時:2013年6月29日(土曜日)午後1時半~3時半
   開場1時10分

●会場:群馬県庁昭和庁舎35会議室
    〒371-0026 群馬県前橋市大手町1丁目1−1  電話:027-226-2119
    〔電車・バス〕JR両毛線前橋駅下車、バス約6分。
    〔車〕関越自動車道前橋インターチェンジから国道17号経由、約10分。

●プログラム
1.八ッ場ダムについて、各政党の政策を聴く
2.八ッ場ダム事業の現状と今後の見通し

*参加費:無料

●主催:八ッ場あしたの会
    お問い合わせメールフォーム:http://yamba-net.org/contact/

●共催:八ッ場ダムをストップさせる群馬の会