2013年6月14日

文化遺産を守ることを目的に活動している文化財保存全国協議会からのお知らせです。
6月30日のシンポジウムでは、考古学者の勅使河原彰氏が八ッ場ダムの保存問題について講演されます。
一般市民の参加歓迎とのことです。

文化財保存全国協議会ホームページから転載
(申し込み方法、参加費、交通案内など詳細は、下記をご覧ください。)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/bunzenkyou/event.html

文化財保存全国協議会 第44回山梨大会
大会テーマ 「史跡整備と世界遺産」

日 程  2013(平成25)年6月28日(金)、29日(土)、30日(日)

主 催  文化財保存全国協議会・同山梨大会実行委員会・山梨県考古学協会

趣 旨  富士山世界文化遺産登録予定(2013年6月26日)を機に、山梨県で進行している県史跡甲府城跡復元整備事業、南アルプス市等の行政と文化財研究団体・市民団体の山梨の文化財保存活用情報を報告し、      全国の文化財保存運動と世界遺産の動向のなかで、文化遺産保存の意義を深める。

6月28日(金) 全国委員会・会員総会
全国委員会 13時30分~14時30分
総 会 14時30分~17時、常任委員会 17時~18時
会 場   山梨学院大学 キャンパスセンター2階シーズシアター
(山梨県甲府市酒折2-4-5、 中央線酒折駅5分)

6月29日(土) 見学会・懇親会
富士北麓文化遺産見学会(9時~16時30分頃、8:40甲府駅南口集合)
日の出観光バス定員40人
現地講師 杉本悠樹(富士河口湖町教育委員会)ほか

6月30日(日) 大会
9:30~16:30  会場 山梨学院大学7号館303AV教室   資料代500円
開会あいさつ、後援あいさつ
ふるさと文化伝承館と南アルプス市の文化財保存普及活動
保坂太一(南アルプス市教育委員会)
県史跡甲府城跡の保存整備   宮里 学(山梨県埋蔵文化財センタ-)
富士山の世界遺産登録推進の経過と課題   山梨県世界遺産推進課
和島誠一賞授賞式

基調講演 富士山の文化遺産と富士山信仰   清雲俊元(山梨県文化財保護審議会長)
吉野ヶ里遺跡群のメガソーラー問題と世界遺産推進 太田記代子(吉野ヶ里遺跡全面保存会)
世界遺産・平城宮の公園舗装   小井修一(高速道路から世界遺産・平城京を守る会)
群馬県長野原町八ツ場ダムの文化財保存問題    勅使河原 彰(文全協常任委員)