2013年2月28日

 本日、「ダム検証のあり方を問う科学者の会」は、八ッ場ダム予定地の遺跡保存を求める要望書を文化庁長官と国交大臣に提出しました。
 http://yamba-net.org/?p=2323

 これに呼応して、森まゆみさん(作家)、永井愛さん(劇作家)ら文化関係者が以下のアピールを公表し、文科省記者クラブで会見を行いました。アピール呼びかけ人11名、賛同人347名のお名前もアピール文に添えられています。

 ~~~~~
 『ダム検証のあり方を問う科学者の会』の要望書を支持する文化関係者のアピール

 吾妻(あがつま)渓谷(群馬県長野原町)八ッ場にダムをつくるという計画は1952年に始まり、1986年に閣議決定されてから四半世紀がたちます。1947年のカスリーン台風の千人以上の犠牲と首都圏の発展のなかで、ダムをつくって利根川下流の治水と利水を計ろうとしたものです。しかし時代が変化し、治水効果はほとんどないというデータが出ており、水道の漏水対策、節水機器の普及や工場の移転で利水面でもいらなくなりました。『時のアセスメント』に耐えない八ッ場ダムに毎年、国民の税金が注ぎ込まれています。

 自民党政権下では政策転換が図れず、民主党政権になって前原誠司国交大臣によって中止が言明され一躍注目を浴びましたが、それもなし崩しに「中止の中止」に追い込まれました。しかもダム中止後の地元住民の生活再建を支援する法整備がありません。そのため住民はダム事業なしでは生活できない状況に追い詰められています。60年間をダムに振り回された地元の方々の辛苦は想像するにあまりあります。
そして再度の政権交代が起るなかで、ダム本体工事がはじまりそうな気配です。

 このダム計画は「ずり上がり方式」での住民の現地生活再建をめざしていましたが、安全とはいいがたい高価な代替地に移る住民は、当初の予想より大幅に減りました。代替地、付け替えの国道、鉄道などの膨大な工事は地形を改変し、軟弱な地盤のダムに水を貯めれば、地すべりなどの災害を引き起こしかねません。

 以前から八ッ場ダムが国の名勝である吾妻渓谷の美しい風景を損なうこと、国の天然記念物である川原湯岩脈を水没させることなど、文化財保存の立場から憂える人々は少なくありませんでした。ダム建設がきっかけで行われてきた群馬県の考古学調査で、水没予定地には江戸・天明の浅間山噴火による集落の貴重な遺跡があることがわかりました。泥流の堆積によってほぼ完全な形で当時の生活文化が保存されており、これはまさに『日本のポンペイ』といえるものです。そのほか縄文、弥生、古代から近世までの遺跡が層になって埋もれている歴史の宝庫です。

 私たちは歴史の証人であり、天災への警鐘ともなるこれらの遺跡の破壊を望みません。ここがダムではなく、遺跡のフィールドミュージアムを中心に、豊かな温泉資源を活かした地域として再生することを願っています。
 八ッ場ダムの本体工事を中止し、遺跡保存による地域の再生を求める『科学者の会』の別紙の要請に、日本の歴史と文化を守る立場から呼応、協力いたします。
                               
            2月28日

呼びかけ人:
森まゆみ(作家)、アーサー・ビナード(詩人)、野田知佑(カヌーイスト)、加藤登紀子(歌手)、坂手洋二(劇作家)、金原瑞人(翻訳家)、きくちゆみ(著述翻訳)、永井愛(劇作家)、中村敦夫(俳優)、田中優(未来バンク代表)、中川李枝子(童話作家)

賛同人347名(2013年2月28日現在)
赤坂信(千葉大学教授・園芸学)、秋草美俊(元開業医、「狩」同人)、秋山紀勝(著述業)、明田川融(法政大学非常勤講師 ・政治学)、阿佐伊拓(竹富島文化振興)、浅子かおい(小児科医師)、朝田文子(音楽家)、朝田健(音楽家)、あずみ虫(イラストレーター)、足立恵美(亜紀書房編集長)、安達智則(東京自治問題研究所研究員・健和会医療福祉調査室室長)、安倍七重(編集者)、荒川俊児(映像ドキュメント)、有田芳生(ジャーナリスト)、安藤彩子(卵殻モザイク作家)、家中茂(鳥取大学・社会学)、井川一久(ジャーナリスト)、池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)、池上聡(神奈川文学振興会)、池本英子(日暮里富士見坂を守る会)、伊郷吉信(建築家、日本大学講師、文化学園大学講師)、石川啓吾(石川生態環境計画、てんころりん村代表)、石川理夫(温泉評論家)、石田久仁子(日仏女性研究学会事務局代表・翻訳家)、石田良介(画家・日本剪画協会会長)、石原英次(美術家)、石原香絵(NPO法人映画保存協会理事長)、石部正志(元宇都宮大学教授・文化財保存全国協議会代表委員・日本考古学)、井出建(建築家)、出光真子(映像作家)、伊藤谷生(地質学・元千葉大学教授)、伊藤千尋(国際ジャーナリスト)、伊藤智道(自然愛好家)、伊藤真(弁護士・伊藤塾塾長)、稲葉宏爾(文筆家)、稲葉由紀子(文筆家)、稲吉輝代(書家)、犬塚達美(デザイナー)、猪瀬浩平(明治学院大学・文化人類学、見沼風の学校主宰)、井原満明(地域計画研究所/長野県木島平村農村文明塾事務局長)、今泉みね子(環境ジャーナリスト・翻訳家)、今堀洋子(追手門学院大学経済学部准教授)、色川大吉(歴史家)、色平哲郎(佐久総合病院医師)、岩田一平(朝日新聞出版・考古学)、植木圭(俳優)、上田真理(NPO法人健康医療開発機構常任幹事・一般財団法人世界こども財団理事)、上野関一郎(テレビディレクター)、植松明子(編集者)、うだしげき(編集者・俳優)、内田俊秀(京都造形芸術大学・歴史遺産学科教授)、内海陽子(ウェブサイト制作者)、梅田英喜(蓄音機研究家)、浦壮一郎(フォトジャーナリスト)、永六輔(放送タレント・車椅子)、延藤安弘(愛知産業大学造形学研究所都心まちづくり研究室室長)、圓佛須美子(NPO文京歴史的建物の活用を考える会理事、NPO古民家保存協会理事)、大内弘(北上ヨシ腐葉土米農家)、仰木ひろみ(オルガニスト、地域文化保存)、仰木亮彦(音楽家)、大熊ワタル(ミュージシャン)、大倉宏(美術評論家)、大崎満(北海道大学・農学)、大島真一郎(NPO法人 八女町家再生応援団理事)、大嶋信道(建築家)、太田朋(イラストレーター・絵本作家)、大田久志(七尾市一本杉語り部処の会)、大田祐美子(七尾市一本杉語り部処の会)、大沼正寛(東北工業大学准教授・郷土建築家)、大平夏澄(那須芦野・食と文化の里づくり)、大平雅巳(美術史研究家)、大宮しのぶ(芝浦・恊働会館を活かす会)、小笠原好彦(滋賀大学名誉教授・考古学)、岡田幹治(ジャーナリスト)、岡田文淑(地域振興アドバイザー)、岡村圭子(獨協大学准教授・社会学)、小川潔(東京学芸大学名誉教授、環境教育・自然保護)、小栗茂(翻訳家)、尾崎靖(編集者)、長田佳久(立教大学名誉教授・比較認知心理学)、落井由美(シュタイナー教育研究者)、小野光子(音楽研究)、小野寺利孝(弁護士)、甲斐扶佐義(写真家)、甲斐良治(編集者)、加藤京子(元森林生態学研究者)、加藤真樹子(臨床心理士・JA大分厚生連鶴見病院)、金井京子(書家)、金井真紀(ライター)、金井ゆり子(編集者)、鐘ヶ江晴彦(専修大学教授)、金田裕子(ミュージアムプランナー)、狩野美智子(文筆業)、亀岡徹(小田川を守る会・蔵元)、鴨居岳(ライター)、河合桃子(JTBパブリッシング編集者)、川口重雄(丸山眞男手帳の会)、川原理子(映像ドキュメント)、川本隆史(東京大学教員・教育学)、川本真理(グラフィックデザイン・司書)、姜尚中(国際政治学者)、神田順(東京大学名誉教授)、菅野芳秀(アジア農民交流センター共同代表)、菊地佐玖子(俳優)、北川久(エスペランティスト)、北島力(NPO法人 八女町家再生応援団事務局長)、北林昌之(七尾・一本杉語り部処の会)、北原久仁香(かたりと・語り手)、北見秀司(津田塾大学教員、哲学・社会思想史)、鬼頭明(テレビディレクター)、木下勇(千葉大学・農村計画)、ギフォード・ポール(ロンドン大学SOAS名誉教授)、木村民子(千駄木の森を守る会会長)、切通理作(批評家)、草刈義子(オルガン工房)、窪田誠(フォトグラファー)、熊谷秋雄(文化財茅葺き屋根)、熊谷仁奈(イラストレーター・写真家)、くまがいマキ(劇作家・映画配給)、倉沢紀久子(書籍編集者)、栗木純(俳優)、栗原裕(土木設計者)、黒田清志(みちのくやまづと研究所)、黒田庸夫(出版社経営)、小泉和子(昭和の暮し博物館館長)、高坂勝(ナマケモノ倶楽部世話人)、古今亭菊千代(落語家)、古今亭志ん輔(落語家)、小島進(八百よろず屋 ちいさな野菜畑)、小関直人(演劇制作)、小林澄夫(詩人)、小松圭子(養鶏家・はたやま夢楽)、権上かおる(環境カウンセラー)、斎藤貴男(ジャーナリスト)、斉藤典貴(晶文社編集部長)、サエキけんぞう(ミュージシャン)、酒井美和子(デザイナー)、坂田明(サックス奏者・ミジンコウォッチャー)、坂田雅子(映画監督)、坂本頼光(活動弁士)、佐久博美(演劇制作)、桜井均(元NHKチーフプロデューサー・立正大学教授)、佐々木景子(アロマセラピスト)、佐藤響子(俳優)、佐藤文雄(俳優)、挟土秀平(職人社秀平組代表、左官)、佐道眞左(編集者)、澤田章子(文芸評論家)、澤地久枝(作家)、C・W・ニコル(作家)、塩澤圭子(料理人・自然エネルギー推進市民フォーラム)、芝静代(建築家)、司波寛(都市計画コンサルタント)、柴田陽弘(慶応義塾大学名誉教授)、清水洋(弁護士・下町人間の会)、清水弘之(演劇コーディネーター)、清水ますみ(日暮里富士見坂を守る会・根岸子規会)、十菱駿武(山梨学院大学客員教授・考古学・文化財保護・文化財保存全国協議会代表委員)、Jordan Sand(ジョージタウン大学)、城芽ハヤト(イラストレーター)、白石正明(医学書院・編集者)、新開一司(NPO法人 八女町家再生応援団幹事長)、新川志保子(通訳・翻訳)、陣内秀信(法政大学教授・建築史・都市史研究者)、菅原歓一(地域づくり情報誌『かがり火』発行人)、杉田望(作家)、杉山ふじ子(建築家・広瀬川市民会議)、鈴木啓司(俳優)、鈴木俊介(カメラマン)、高口愛(NPO法人八女町家再生応援団副幹事長)、高津融男(奈良県立大学地域創造学部准教授)、高野孟(ジャーナリスト、「ザ・ジャーナル」主幹)、高橋敦子(古書店山猫文庫)、高橋卓志(龍谷大学客員教授・神宮寺住職)、高橋茅香子(翻訳家)、高橋直子(建築士・伝統建築研究所)、高橋廣子(料理研究家)、高橋博文(古書店山猫文庫)、高山富士子(詩人)、滝沢知草(学生・歴史研究)、竹内奈緒子(俳優)、竹尾茂樹(明治学院大学)、武谷なおみ(大阪芸術大学教授)、竹村香(テレビプロデューサー)、多児貞子(文化財建造物保存)、田澤泉(出版社員)、館野元彦(俳優)、田中熊一(画家)、田中禎昭(専修大学・歴史学)、田中静男(書家)、田中義昭(考古学・島根考古学会会長)、田辺欽也(報道写真家)、千葉美香(編集者)、辻康貴(カメラマン)、津田篤太郎(医師・東洋医学研究)、土橋正道(テレビプロデューサー)、鶴岡征雄(作家)、寺脇研(京都造形芸術大学・映画)、東郷和彦(京都産業大学世界問題研究所長)、徳吉英一郎(遠野山・里・暮らしネットワーク副会長)、刀根実香子(テレビディレクター)、冨板敦(編集者)、戸村正己(ギャラリスト)、豊沢幸四郎(NPO法人りあすの森事務局長)、鳥居貞利(でか小屋おせっ会)、鳥居正子(鳥居醤油店、七尾市一本杉商店街・花嫁のれん展実行委員会)、内藤寛(編集者)、永井よし子(女性問題研究家)、中川道夫(写真家)、中島岳志(政治学者・北海道大学准教授)、中谷健太郎(由布院文化記録映画祭・亀の井別荘)、中濱潤子(ワインと食のライター)、中平順子(子ども文化研究家)、中村享一(建築家)、中村恭子(さざなみ古書店)、中村梧郎(報道写真家)、中村伸(インドネシア影絵交流・編集者)、中村有里(構成作家・ライター)、中山美香(編集者)、成岡茂(建築士・NPO法人伝統木構造の会)、南條幸司(ミュージシャン)、南條洋雄(建築家)、南條まあ(自然愛好家)、新実徳英(作曲家)、新実美南子(セラピスト)、西和夫(神奈川大学工学部客員教授・建築史)、西大立目祥子(フリーライター・まち遺産ネット仙台)、西川直子(建築ジャーナル編集者)、西島正樹(建築家)、西田穣(まちづくり工房まち夢)、丹羽朋子(グラフィックデザイナー)、野村修身(工学博士・劣化ウラン研究会)、野村安史(放送作家)、芳賀一洋(造形作家)、橋本ヒロ子(十文字学園女子大学副学長)、長谷川敏夫(絵本専門店)、支倉寿子(青山学院大学名誉教授)、長谷部智恵(大和書房編集者)、波多野純(日本工業大学学長)、服部滋(編集者)、早坂寛(児童図書編集者)、林昭男(環境建築研究者・滋賀県立大学名誉教授)、林のり子(<食>研究工房+パテ屋主宰)、原襟子(地域雑誌編集)、原武史(明治学院大学教授・政治学)、原祐一(東京大学埋蔵文化財調査室)、春木良昭(映像制作)、日置雅晴(弁護士・早稲田大学法学部教授)、披岸外志男(全日本古道具&古本を愛する神奈川伊勢原市支部代表)、樋口一成(写真家)、樋口良澄(編集者)、彦坂諦(作家)、久松重光(翻訳家)、平田賢一(岩波書店編集者)、平野公子(スペースデイレクター)、平野甲賀(グラフィックデザイナー)、平野真弓(演劇制作)、平野美和子(試写室シネマα・由布院「いのちを問う」実行委員会代表)、平野裕二(編集者)、広瀬隆(ジャーナリスト)、広野史子(料理研究家)、深尾葉子(大阪大学准教授)、福林徹(歴史教育者協議会会員)、福元満治(ペシャワール会事務局)、藤田洋三(写真家・世間遺産研究)、藤村興晴(石風社)、藤元由記子(ビオシティ編集長)、藤原馨(シュタイナー教育)、二木たまき(編集者)、船津一(映画監督)、舩橋淳(映画監督)、星幸恵(カリグラファー)、星ひとみ(建築家)、星亮一(作家)、星川淳(作家・翻訳家・一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト理事長)、ほったさとこ(北口灯明講講元、ライター)、保屋野初子(東京大学大学院客員共同研究員・環境社会学)、堀川淳子(ぐるーぽ・ぴの)、母里聖徳(現代美術、彫刻家)、本田亮(クリエーティブディレクター・作家)、マイク・モラスキー(一橋大学大学院教授)、前田和男(ノンフィクション作家・翻訳家)、前田紀美子(自然療法家)、前田哲男(軍事評論家)、槇田但人(富士山御師・山梨県文化財保護指導員)、牧野伊佐夫(画家)、まさのあつこ(ジャーナリスト)、増田典雄(凸版印刷)、増田泰子(石神井山の会)、増田善信(気象学者)、松井朝子(パントマイミスト)、松井郁夫(建築家)、松井エイコ(壁画家)、まついのりこ(絵本作家)、松尾昌彦(地域文化保存活動家・ランドスケープマーケット)、松崎裕子(編集者)、松島頼子(編集工房M)、松永真(グラフィックデザイナー)、松場大吉(石見銀山生活文化研究所 )、松場登美(「他郷阿部家」主宰)、松原雅裕(ミュージアムデザイナー)、馬渕真希(俳優)、三堀久子(文京歴史的建物の活用を考える会)、宮本瑞夫(宮本記念財団理事長・民俗学)、三輪晴美(毎日新聞社編集者)、向井惠子(地域再生)、向井則博(グラフィックデザイナー)、村井健(演劇評論家)、村田啓子(料理研究家、与呂見の会)、村田信夫(建造物保存技術者)、室敦子(編集者)、目良誠二郎(元海城中高等学校社会科教員)、本橋成一(写真家・映画監督)、森嶋瑤子(国際児童文庫協会・子ども文庫・英国)、守田省吾(みすず書房編集者)、守本善徳(システムデザイナー)、守屋和子(編集者)、矢崎泰久(ジャーナリスト)、八島哲郎(いなか道の駅やしまや)、安田純生(歌人)、谷田川さほ(俳優)、矢野久美子(フェリス女学院大学教員・思想史)、山上きよ子(書家)、山川隆之(編集者・吉備人出版代表)、山崎明子(歴史・美術編集者)、山崎範子(谷根千・記憶の蔵主宰・編集者)、山崎曜(手工製本人)、山田久仁子(米国大学図書館司書)、山田まり(出版社員)、山田由香里(長崎総合科学大学建築学科)、山本玲子(全国町並み保存連盟事務局)、陽二蓮(歌手)、油井文江(女性と仕事研究家・経営コンサルタント)、結城登美雄(民俗研究家)、横関祐見子(ユニセフ中西部アフリカ地域事務所・教育アドバイザー)、吉岡淳(カフェスロー代表)、吉田奈緒子(半農半翻訳者)、吉田昌弘(JAZZ喫茶・ 映画館)、吉田美佐子(平和省プロジェクトJUMP運営委員)、吉成麻子(千葉県登録養育里親)、吉本哲郎(地元学ネットワーク主宰)、よりたかつひこ(ホースセラピスト)、劉錦程(洋琴演奏者)、渡辺絹子(JAZZ喫茶 ・映画館)、渡辺佳次(建築デザイナー)、渡辺貞幸(島根大学名誉教授・考古学)、渡辺征治(フリーライター)