キャプチャ ダム計画は年月をかけ、地域を裂き、人の心を引き裂きます。
 そんな中でも、50年間、故郷を守り闘い続けている人々を知っていますか?  
 長崎県石木ダム水没予定地に暮らす13世帯と支援者は工事ゲート前で座り込みを続けています。
 お金より、住み慣れた土地と自然を大切にしたくて闘っているのです。

 自然を守り、ダムに抗う人は北にもいます。山形県が建設を進める最上小国川ダム。
 最上小国川は山形県で唯一ダムのない天然河川、アユ釣りをする人ならば知らない人はいない全国有数の清流です。
 「アユの生育に影響が出る」と地元の小国川漁協は「ダムによらない治水対策」を求めていました。
 「孫子の代まで清流を残したい」と口癖だった小国川漁協の組合長が、県との打ち合わせの前日に亡くなりました。

 建設が進む八ッ場ダムに対して、私たちは何ができるでしょうか。
 あきらめが支配する中で、私たちは何もできないかもしれない。
 それでも、私たちは何が起きているか、できるだけ多くの人と見ていきたい。
 一年を振り返り、みなさんと情報を共有したいと思っています。 ぜひ、お集まりください。

キャプチャ◆日 時: 2018年1月14日(日) 13時30分開演(開場 13時)

◆会 場: 高崎シティギャラリー 高崎駅西口より徒歩15分
     http://www.takasaki-foundation.or.jp/gallery/access.html
    
◆参加費: 500円

 ◆講演「清流に殉じた漁協組合長」 相川俊英(ジャーナリスト)

 ◆石木ダムの映画「ほたるの川のまもりびと」パタゴニア版(20分)
      解説・・・嶋津暉之(水源開発問題全国連絡会共同代表)

 ◆八ッ場ダム事業の現状報告 渡辺洋子(八ッ場あしたの会事務局)

キャプチャ