恒例の現地見学会のお知らせです。
 バスの座席が限られていますので、お申し込みはお早めに!

品木ダム八ッ場ダムが建設される吾妻川は、かつて“死の川”と呼ばれた酸性の川です。特異な水質の原因は、上流の草津白根山麓から流れ込む、幾筋もの強酸性の支流にあります。

65年前の1952年、一旦はダム計画が発表されたものの、立ち消えになったのは、コンクリートや鉄を溶かす川にはダムを造れなかったからです。

八ッ場ダム計画が復活したのは、1965年に吾妻川の中和施設がつくられたからです。以来50年余、草津白根山麓では、八ッ場ダムのために中和事業が続けられてきました。八ッ場ダムがある限り、中和事業も止められません。しかし、中和生成物を貯めるために建設された品木ダム(写真右)は、堆砂が進行しています。

DSCF0982今回の見学会では、変わりゆくダム予定地とともに、矛盾をはらんだ中和事業の現場(草津の中和工場、中之条町六合くにの品木ダムなど)をバスで案内します。
(写真右=国の名勝・吾妻渓谷の入り口にある八ッ場ダム本体工事現場)

◆日 時:2017年10月29日(日曜日)11時半~16時半

◆集合場所・時刻:JR吾妻線「長野原草津口」駅前、11時半集合

◆参加費:2,500円(バス代、保険代、資料代)

◆募集人数:20名

キャプチャ
見学コース:吾妻渓谷、ダム湖予定地、水没住民の移転代替地、草津中和工場、品木ダムなど
(写真右=水没予定地)

〈東京方面からの列車のご案内〉
●行き:特急草津 上野駅 9 時発、長野原草津口駅着 11 時20 分
●帰り:普通列車 長野原草津口駅発 16 時39 分、高崎駅着18 時02 分
    高崎駅からは、高崎線、湘南新宿ライン、あるいは新幹線利用

★お昼をはさみますので、お弁当ご持参でご参加ください。
★現地ではマイクロバスで移動します。 バスが満席になれば受付を〆切りますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。
★長野原草津口駅周辺には無料駐車場があります。

主催:八ッ場あしたの会
≪申し込み・問い合わせ≫は下記メールフォームでお願いします。
お申し込みの際は、名前、住所、携帯電話番号を下記連絡先にお伝えください。
http://yamba-net.org/contact/