今朝の上毛新聞に、4月に行われる長野原町長選に竹内良太郎町会議長が立候補するとのニュースが掲載されていました。
 竹内議長は八ッ場ダム推進の立場を明確にしており、2011年、前田武志国交大臣が八ッ場ダム本体工事再開を表明した時には、竹内議長の音頭取りで地元民が万歳三唱を唱えました。
 対抗馬の萩原睦男氏は、小渕優子衆院議員の元秘書で、竹内氏と同様、自民党系であり、八ッ場ダム推進の立場です。(29日付の記事も転載します。)
 
◆2014年3月25日 上毛新聞

ー長野原町長選、議長の竹内氏 出馬へー

 任期満了に伴う長野原町長選(4月15日告示、20日投開票)で、町議会議長の竹内良太郎氏(71)=横壁=が24日、出馬する意向を固めた。近く記者会見し、正式表明する。町長選には元衆院議員秘書の萩原睦男氏(42)=応桑=が立候補を決めており、8年ぶりの選挙戦となる見通し。
 上毛新聞社の取材に竹内氏は、「ダム湖ができて良かったと言われるまちづくりをしたい」と話し、八ッ場ダムを生かした観光振興などを公約に掲げる考え。無所属で立候補する。
 竹内氏は同町生まれ。建設会社勤務を経て2003年に町議初当選し、3期目。吾妻郡町村議長会長などを務める。吾妻高長野原分校(現長野原高)卒。

◆2014年3月29日 上毛新聞

ー長野原町長選ー
 元衆院議員秘書の萩原睦男氏(42)と、町議会議長の竹内良太郎氏(71)の新人2人による戦いの見通し。八ッ場ダム建設はともに推進の立場。