現状レポート

(更新日:2012年5月8日)

利根川流域市民委員会

国交省関東地方整備局よりの回答(2007年1月16日)

平成19年1月16日

利根川流城市民委員会 様

国土交通省関東地方整備局
河川部 河川調査官

平成19年1月9日付けで「利根川水系河川整備計画の策定に関する公開質問書」を頂きまして.誠にありがとうございます。頂いた意見につきましては、現在実施中の意見募集と同様に取り扱い、頂いた意見と意見に対する河川管理者の考えをとりまとめ、公表しますので、よろしくお願いいたします。

なお、利根川水系は1都5県にわたり、流域面積も広く地域性も異なることから、流域住民の方々にも多様な意見があり、利根川水系をフィールドとして活動されている方々も多数あるため、公平性を確保する観点から誰でも参加でき、かつ、意見を言うことが出来る方法として、今回の公聴会及び意見募集を行うこととしました。また、有識者会議の場を公開し、会議資料、議事録も公表すること及び関係住民の方々から頂いた意見や意見に対する河川管理者の考え方についても公表し、関係住民の意見を有識者ヘフィードバックするなどそれぞれの意見を十分共有していきたいと考えています。

有識者会議の運営については、会場の都合等により対応してきましたが、ご指摘の点等を踏まえ、今後の有識者会議に向け改善を検討しています。なお、傍聴規定等については、有識者会議の決定事項となっているため、有識者会議の了解を得て改善できるところは改善していきたいと考えています。

有識者会議資料において、主要メニュー等の記載がありますが、本資料の注意書きにあるように、この資料は検討途上のものであり、今回実施する公聴会等で頂いた意見を参考として整備計画の原案を作成することとしているため、今後の検討によって変わりうるものでもあります。

整備計画の原案を示した後にも、今回と同様に会議の公開や頂いた意見及び意見に対する河川管理者の考えの公表を通じて、情報の共有化に努めるとともに、それらを踏まえ原案に修正を加えることを複数回行うこととしていますので、よろしくお願いいたします。