マスコミ・行政の問題

マスコミ報道の誤り

(2009年9月17日)

II.八ッ場ダムはすでに7割もできているという話の誤りについて

1.工事の進捗は大幅に遅れている

7割というのは、八ッ場ダム建設事業の事業費4600億円のうち、7割が平成20年度までに使われたということであって、工事の進捗率とは全く別物である。本体工事は未着手である。関連事業のうち、規模が大きいものは付替国道、付替県道、付替鉄道、代替地造成であるが、平成20年度末の完成部分の割合はそれぞれ6%、2%、75%、10%であり、まだまだ多くの工事が残されている。付替鉄道は75%まで行っているとはいえ、新・川原湯温泉駅付近は用地未買収のところがあって、工事の大半はこれからであるから、完成までの道のりは遠い。

八ッ場ダムの工事の進捗状況(平成21年3月末)

八ッ場ダムの工事の進捗状況(平成21年3月末)

代替地の進捗状況(平成21年3月末)

代替地の進捗状況(平成21年3月末)

2.完成が平成27年度末よりも大幅に遅れることは必至

八ッ場ダムの完成予定は平成27年度末で、今年度後半から本体工事着手となっているが、実際の完成は大幅に遅れる可能性が高い。八ッ場ダムの場合、ダムサイト予定地を国道と鉄道が通過しているので、付替国道、付替鉄道を完成させ、現国道と現鉄道を廃止しないと、本格的なダム本体工事をはじめることができない。この付替国道、付替鉄道の工事が用地買収や地質の問題で大幅に遅れているので、事業が継続されても、ダムの完成は平成27年度末より大分先になることは確実である。

 

 


» III.八ッ場ダムの暫定水利権がダム中止に伴って失われるという話の誤り