French English

サイト内検索
  
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2011-10-21 (706 ヒット)

2011年10月21日

 昨日、国土交通省関東地方整備局は、八ッ場ダム検証について利根川流域住民を対象とした公聴会を実施することを発表しました。

 これは、さる9月に同局が公表した「八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)」についての意見を聴くものです。「八ッ場ダム・・・報告書(素案)」は、「治水利水の上で、八ッ場ダムがベスト」という同局の意見をまとめたものです。
 八ッ場ダムを推進してきた同局が、共同で事業を進めてきた関係都県の意見を聴いてまとめた「八ッ場ダム・・・検討報告書(素案)」は、「お手盛りの検証」とか「これまでダム推進の理由としてきた同局の意見をまとめるのになぜ1年もかかったのか」などと批判されています。
 さらに様式からして典型的なお役所文書で、あまりにページ数が多く、わかりにくいと各方面で評判が悪かったからか、昨日、概要版が公表されました。

 それでも50ページ余りもあって決して一般的な読みやすい文書ではなく、↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045652.pdf

 16ページの巻末資料もついていますが、↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045653.pdf

 以下の元版とくらべると、少しはマシかもしれません。
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000184.html

 公聴会については、同局のホームページに詳しい説明が載っています。
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000185.html

 以下、一部抜粋です。

●「八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)」に対する関係住民の意見聴取

▼日程:11月6、7,8日の三日間、

▼会場:
1.水辺交流センター(千葉県香取市)
2.川原湯温泉駅前の国交省相談センター
3.さいたま新都心合同庁舎
4.国交省利根川上流河川事務所

*意見発表の希望者は、10月29日必着で応募用紙を提出。

【応募用紙の提出先】
国交省関東地方整備局 河川部河川計画課
「八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)に対する意見聴取」事務局
 ①郵送の場合 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
 ②ファックスの場合 048-600-1378
 ③メールの場合 yambadam-iken@ktr.mlit.go.jp
     件名に「意見発表応募用紙」と記載

【問い合わせ】
国土交通省関東地方整備局 河川部河川計画課(藤田 又は 内田)
TEL048-601-3151(内線3616,3641)

---転載終わり---

 9月に関東地方整備局が「八ッ場ダムがベスト」という案を公表した時は、これを歓迎する関係都県知事の声もマスコミで大きく報道され、八ッ場ダム建設にすぐにもゴーサインが出されるようなイメージが先行しましたが、行政内部だけで作業が行われた検証結果については、関係住民の意見を聴くというステップがあらかじめ決まっていました。
 すでに募集が始まっているパブリックコメント(パブコメ)、公聴会はいずれも検証作業に予定されていた手続きです。これらも国交省関東地方整備局みずからが募集や調整を行うものですから、マスコミの多くは「結論ありき」と見たのかもしれませんし、「どうせガス抜きだろう」とか「また推進派を大量動員してアリバイ作りをするのだろう」とも言われていますが、黙っていれば「八ッ場ダムはベスト」という同局の案を容認したことになります。
 八ッ場ダムの推進派は、集会などでしきりに関東地方整備局の案に賛意を表明するよう呼び掛けているとのことですから、反対意見を持つ人も意見表明をする機会を生かす必要があるでしょう。

 公聴会は文字通り公開で行われ、希望者は傍聴できるとのことですが、詳細の公表は意見募集が終わってからということです。仕事や生活を抱えている流域住民を対象とする公聴会の傍聴について、直前まで詳細を公表しないというのも、いかにもお役所仕事です。
 関西の淀川流域では、10年以上前から国交省近畿地方整備局自らが流域住民の意見を幅広く聴く姿勢を打ち出し、「淀川方式」と呼ばれる河川行政の改革が試みられてきました。その後、守旧派官僚の巻き返しで、関西も決して改革が順調に進んでいるわけではありませんが、霞が関のおひざ元である関東の遅れぶりは、淀川とはくらべものにならないほど酷いものです。
 行政の都合で流域住民が分断され、下流の「受益者」のために上流が「犠牲者」となることが当たり前とされてきたダム計画を、今こそ見直す時です。


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2011-10-20 (723 ヒット)

2011年10月20日

 さる9月13日、国交省関東地方整備局は八ッ場ダムの検証結果を発表しました。この検証結果は、同局が関係都県の意見を反映させつつ検証した結果、治水上・利水上、八ッ場ダムはベストの案であったというもので、八ッ場ダム本体工事着工を促す内容といえます。
 同局では検証結果をまとめた「八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書」(素案)」を公表し、↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045308.pdf

 パブリックコメント(略称:パブコメ)を11月4日午後6時まで募集中です。パブコメは政策の方向性について、一般の人々の意見を募る仕組みです。

 八ッ場ダム事業を推進してきた国交省関東地方整備局が主体となって、ダム推進に加担してきた関係都県がこれまで通りの役割を演じて行った”検証作業”は、結論ありきの茶番劇というのが実態でした。
 その上、パブコメの対象となっている上記の資料はあまりにページ数が多く、わかりにくいと不評です。この資料を読み込み、国交省関東地方整備局の提示しているルールに従って意見を提出するのは容易ではありません。

 こうした不評に応えてか、同局では本日、資料の概要版を作成したと記者発表しました。この概要版は、同局のサイトに掲載されています。
 ↓
50ページ余りの概要版
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045652.pdf

16ページの巻末資料
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045653.pdf

 パブコメの意見がどれほど実際に反映されるかは不明ですが、八ッ場ダム事業の検証においては、一般の国民が意見を述べる場が限られていますので、意見のある場合はパブコメを利用することになります。

☆国交省関東地方整備局ホームページには今回のパブコメについての説明が掲載されており、意見提出の書式もダウンロードできます。
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000183.html
「八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)」に対するパブリックコメント
 記者発表資料、意見募集要領、意見提出様式


 八ッ場ダム推進議連では、このパブコメを積極的に活用しようという動きがあることを新聞が伝えています。

◆2011年10月19日 朝日新聞群馬版
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000581110190001

 -「早期着工を」 推進議連が28日大会ー

 自民党県議らで作る八ツ場ダム推進議連(会長・中村紀雄県議)は28日、前橋市の県政会館で「八ツ場ダム建設推進群馬県大会」を開く。本体工事の早期着工を求めて、今後の活動方針を話し合う。

 18日の議連に出席した茂原璋男副知事は「八ツ場ダムが最も有利との判断は妥当というより当然。一番大事な時期を迎えている。執行部も力を合わせて取り組みたい」と話した。

 県議からは、国土交通省が募集している八ツ場再検証に関するパブリックコメントを積極的に出すべきだとの意見も出た。中村会長は「多くの賛成意見を得られるよう、声をかけていただくなり力を合わせていただきたい」と呼びかけた。

 国交省関東地方整備局は9月、ダム建設が代替案より有利だとする総合評価をまとめている。だが、「八ツ場ダム建設中止」は民主党マニフェストの目玉でもあり、政府・与党内には慎重な意見も根強い。


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2011-10-19 (1203 ヒット)

2011年10月19日 

 さる10月3日に東京新聞の特報部記事で八ッ場ダム問題が取り上げられました。八ッ場あしたの会などが主催したシンポジウムのことも取り上げられていますので、以下に記事を転載します。

◆2011年10月3日 東京新聞「こちら特報部」

 -八ッ場ダム 判断時期迫る 利根川の最大流量 建設根拠また疑問 
 ちらつく「過大」志向 国交省、計算の定数値操作 拓殖大の准教授試算 国より20%以上減ー

 八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)本体工事着工の是非を判断する時期が迫っている。国の検証作業が進む中、在野から建設根拠である利根川の基本高水(洪水時に流れる最大水量)の信頼性に疑問を投げかける計算結果が出された。拓殖大の関良基准教授(森林政策)が国土交通省の新モデル(計算式)などに沿って算出したが、結果は国が主張する基本高水より20%以上、小さい値となった。 (篠ケ瀬祐司)

 国土交通省は1980年の利根川工事実施基本計画で、47年のカスリーン台風並みの雨(3日間で319ミリ)が降ると、利根川の治水基準点の八斗(やった)島(同県伊勢崎市)には、最大毎秒22000立方メートルの水が流れるとしてきた。これが基本高水と呼ばれる値だ。

 ところが、この値が過大ではないかという指摘が相次いだ。このため、同省は3月に新計算式を公表。しかし、これを基に再計算した「新基本高水」も従来値に近い21000立方メートルとなった。

 結局、同省の依頼で検証を行った日本学術会議「河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会」もこの値を追認した。

 これに対し、八ッ場ダム建設差し止め訴訟の原告側弁護団の依頼で、関准教授が計算した基本高水は毎秒16663立方メートルと、20%以上下回る数字になった。

 この数字のかけ離れ具合はダム建設の必要を左右する。なぜ、これだけの差が出たのか。

 関准教授も同じ国交省の新計算式にのっとった。差は計算で使う「流出率」が異なったためという。流出率は雨が川に流れ出す割合。降雨量を「1」とし、流出分を「1~0・1」で表す。

 同省は降り始めから一定量の雨では「一次流出率」を0・4~0・6とし、それを超えてからの「最終流出率」を一部流域を除き1とした。

 はじめは雨の半分程度が川に流れ、土壌が雨を吸収する限界以上の雨が降る(飽和雨量に達する)と、すべて川に流れるとの考え方だ。

◆「最終流出率」採用値で差

 関准教授は一次流出率は同じだが、最終流出率を0・7として計算した。これは同分科会での議論で登場した数字だ。

 メンバーの谷誠・京都大大学院教授(森林水文学)らの論文で、上流域で最も大きな面積を占める第三紀層(約7千万年前~100万年前にできた層)などでは「流出率0・7程度が妥当」とした見方を採用した。

 同論文は総降雨量が200ミリを超える洪水のデータが少ないことや、降雨量が増えると流出率が大きくなる点などを挙げて、最終的には「流出率を1にするのが適切」と事実上、国交省の考え方を支持している。

 だが、論文に添付されたグラフを見る限り、200ミリ以上の雨でも流出率は1を超えていないため、原告側弁護団は関准教授に最終流出率0・7での計算を依頼した。

 弁護団の高橋利明弁護士は「国交省が最終流出率を1にしたのは、基本高水を過大に計算したかったためではないか」といぶかっている。

 弁護団は先月30日、関准教授の計算結果を盛り込んだ準備書面を東京高裁に提出した。

 関准教授は原告団の依頼と別に、国交省が基本高水の計算で使った「貯留関数法」の定数にも問題があると説明する。

 やや専門的な話だが、この関数法では、雨量や土壌の状態に応じて変化する流出率や飽和雨量のほか、「k」「p」など計算上の流出量を調整する定数も使う。

 「こちら特報部」は昨年1月から、国交省が用いた飽和雨量48ミリは普通の森林土壌の飽和雨量100~150ミリと比べて過小で、基本高水が過大計算された可能性があると指摘してきた。

 同年10月、馬淵澄夫国交相(当時)は衆院予算委員会で、河野太郎議員(自民)の質問に対して近年の飽和雨量は100ミリ以上だと答弁。問題点を認め、国交省に基本高水再計算を指示した。

 同省は飽和雨量を引き上げても基本高水は毎秒21100立方メートルだとしたが、計算に使われた定数をチェックすると、飽和雨量は48ミリから130~200ミリ(一部流域は無限大)に引き上げる一方で、kの全流域平均値は旧計算式の半分ほどだった。kが小さいほど流出量は大きくなる。

 そこで関准教授は飽和雨量を新計算式のように引き上げた上で、k、pを従来の値に戻して計算したところ、基本高水は毎秒16142立方メートルにまで下がった。

 関准教授は「国交省は森林保水力を示す飽和雨量を修正しつつ、他の定数まで変え、全体として基本高水を元の過大値にとどまるよう操作した。これが許されるなら、どのような数字も同省の思いのままにできる」と同省の手法を批判する。

 国交省の関東地方整備局は、kを引き下げた理由について「時間がないので答えられない」(担当者)としている。

 基本高水をめぐっては別の疑問も残る。

 新たな基本高水は毎秒21100立方メートルなのに対し、カスリーン台風時に八斗島に流れたと推定されるのは毎秒17000立方メートル。なぜ4100立方メートルもの差が生じるかの明確な説明がないのだ。

 国交省は学術会議分科会に対し、カスリーン台風当時に上流で大規模氾濫があったとの資料を出した。大規模氾濫で約4000立方メートルの差を説明する意図がうかがえるが、同会議は「確かなデータがない中で、氾濫の議論は不可能」(9月28日の学術会議資料)と否定した。

 同会議は雨水が一時的に川幅内にとどまった可能性を挙げているが、これも「可能性のみの指摘」(同)で、理由は特定できていない。

◆批判の声ほかにも 水需要見込み 代替地の安全性

 基本高水以外でも、八ッ場ダム建設をめぐる疑問の声は在野の研究者らの間で高まっている。

 市民団体「八ッ場あしたの会」などは先月23日、前橋市で集会を開いた。この席上、市民団体「水源開発問題全国連絡会」の嶋津暉之共同代表は「首都圏の水道利用量は減少傾向なのに、国交省の検証では、将来の増加を前提にして、ダム建設の是非を議論している」と批判した。

◆最大30メートルの超高盛り土

 水没予定地住民が移転する代替地の安全性については、元東京都土木研究所主任研究員の中山俊雄氏(応用地質)が「最大30メートルも盛り土をしている。民間の造成地では例がない『超高盛り土』だ」と指摘、安全面への疑問を投げかけた。

 京都大防災研究所の元研究員で、地域環境研究所代表の中川鮮(あきら)氏(砂防工学)も、ダムが完成して水が張られた際に、火山性地盤の現場周辺では地滑りが起こりやすくなるという危険性に言及している。疑問は依然、山積している。

<デスクメモ>原稿をめくりつつ、不謹慎にも鼻歌。『何から何まで 真っ暗闇よ 筋の通らぬことばかり…』。沖縄や原発に先がけて八ッ場ダムもあった。政権交代といううたかたの夢を思う。ふと、暴力団排除条例が脳裏をよぎる。この歌も、もうテレビやラジオじゃNGだろう。ぼやきもままならぬ今の世の中。(牧)


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2011-10-16 (710 ヒット)

2011年10月16日

 さる9月28日に開かれた利根川の基本高水検証に関する日本学術会議の説明会の配布資料が同会議のホームページに掲載されましたので、お知らせします。
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/bunya/doboku/giji-kihontakamizu.html
 河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会 議事次第
  これまでの基本高水分科会の資料が見られます。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/bunya/doboku/takamizu/haifusiryoukoukai.html
 日本学術会議 公開説明会配布資料

・回答 河川流出モデル・基本高水の検証に関する学術的な評価-公開説明会-(概要)
・回答に対する質問・意見の論点の整理
・回答 河川流出モデル・基本高水の検証に関する学術的な評価-公開説明会-(質疑)

 日本学術会議の「基本高水検証」や公開説明会で浮き彫りになった問題については、こちらで取り上げました。
 http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=1367

 この説明会の議事要旨はまだ掲載されていませんが、近々アップされるとのことです。


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2011-10-07 (1048 ヒット)

 八ッ場あしたの会では、昨日、前田大臣に「八ッ場ダムの再検証と住民支援策を求める要請書」を発送しました。
 以下に全文を掲載し、末尾に関連記事を転載します。

---
 2011年10月6日
 国土交通大臣 前田武志 様
               
 八ッ場ダムの再検証と住民支援策を求める要請書
                    
 八ッ場あしたの会(代表世話人 野田知佑ほか)
                  
1. 八ッ場ダム事業の真に科学的・客観的な再検証を求めます。

 去る9月13日、国土交通省関東地方整備局は「関係地方公共団体からなる検討の場」で6都県知事たちに八ッ場ダムの検証結果の案を示しました。その案は利水・治水の両面で、八ッ場ダム案が他の対策案と比べて事業費が圧倒的に安く、最適案として八ッ場ダムが選択されるべきであるというものでした。しかし、その検証の中身をみると、八ッ場ダム推進の結論が先にある、まことに恣意的な検証であって、国民に約束していた「予断なき検証」、科学的・客観的な検証とはかけ離れたものでした。
 利水に関しては「水需要が減り続け、水がますます余っていく状況で、これ以上の水源開発が必要なのか」を徹底的に問い直さなければならないにもかかわらず、そのことを不問にし、各利水予定者の過大な要求水量をそのまま認めて、大量の水源確保を前提とした非現実的な代替案、例えば、静岡県の富士川から導水する荒唐無稽な案との比較しか行われませんでした。
 治水面でも、八ッ場ダムの治水効果についての科学的な検証は行われず、検証の中身は八ッ場ダムの効果を従前の公表値より格段に大きくして、その代替案の事業費が大きく膨らむようにした上での代替案との比較だけでした。利根川流域住民の命を守るために真に必要な治水対策が何かを求めることなく、流域住民の安全確保を置き去りにした検証でした。
八ッ場ダムが治水利水の両面で本当に必要なのか、真に科学的・客観的な検証を改めて実施することを求めます。


2. 自然の猛威を踏まえた利根川治水対策の抜本的な見直しと、八ッ場ダムがもたらす災害誘発の危険性の徹底検証を求めます。

 前田大臣は、八ッ場ダムに関して「東日本大震災は国土の在り方について痛切な問題を提起した。自然の猛威をどう受け止め、対応するかの議論が欠かせない。」と述べました。自然の猛威はまことに凄まじく、9月初旬の台風12号でも、記録的な豪雨が各地で降り、紀伊半島を中心に各地で甚大な被害がありました。
 このような自然の猛威を踏まえて、八ッ場ダムについて次の二点の検証を行うことが必要です。
 一つは、計画想定を超えた超過洪水が来た時に、利根川の洪水被害軽減に八ッ場ダムが本当に役に立つのか、超過洪水到来時に人命を守るために必要とされる治水対策とは何かを明らかにすることです。台風12号で和歌山県下のダムは満杯になり、治水機能を失いました。また、雨の降り方はさまざまです。同台風では群馬県南部でも記録的な降雨があり、伊勢崎市などで浸水被害がありましたが、それは利根川からの越流ではなく、内水氾濫でしたから、仮に八ッ場ダムがあっても、何の役にも立ちませんでした。
 もう一つは、東北地方太平洋沖地震の最大級の地震動が起きた場合の八ッ場ダムによる災害誘発の危険性に関する検証です。八ッ場ダムのダム本体は最大級の地震動も考慮して設計されているのでしょうか。また、貯水池予定地周辺は地質が脆弱で、湛水後の地すべりが心配されていますが、最大級の地震動によって地すべりが誘発される危険性はないのでしょうか。さらに、八ッ場ダムの代替地は民間の宅地造成では例がない超高盛り土の造成が行われていますが、最大級の地震動によって崩落の危険性はないのでしょうか。


3.現在の河川行政に批判的な専門家を入れた第三者機関による公開の場での検証を求めます。

 以上述べた、真に科学的・客観的な八ッ場ダムの検証、自然の猛威を踏まえた利根川の治水対策の抜本的な見直しと八ッ場ダムによる災害誘発の危険性の徹底検証を可能とするために、現在の河川行政に批判的な専門家を入れた第三者機関を設置し、公開の場で検証することを要請します。

                
4.ダム予定地の住民への支援策の早急な実施とダム中止後の生活再建支援法の早急な制定を求めます。

 ダム予定地の住民は長年の間、ダム計画でがんじがらめの状態におかれ、生活設計が立てられず、苦しみの日々を送っています。水没予定地にある川原湯温泉は、ダムの関連工事により観光業に大きな支障をきたしているとされています。ダムの検証と切り離して、地元住民への支援策を早急に具体化するよう求めます。
 2年前の政権交代後に国交大臣が制定を約束した、いわゆる「ダム中止後の生活再建支援法案」はその後、国会への上程もされていません。ダム予定地の住民はダムが中止になった場合はそのまま放置されるのではないかと、大きな不安を抱えています。「ダム中止後の生活再建支援法案」を早急に制定することを要請します。  以上

---
以下、関連記事です。

◆2011年10月7日 朝日新聞群馬版
 http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000581110070002

 -あしたの会 再検証やり直し住民支援求めるー

 八ツ場ダムの建設見直しを求めている市民団体「八ツ場あしたの会」は6日、前田武志国交相に対し、再検証のやり直しと住民支援策を求める要請書を送ったことを明らかにした。

 要請書は、八ツ場ダム事業の科学的・客観的な検証▽利根川治水対策の見直しとダムによる災害誘発の危険性の検証▽第三者機関による公開検証▽ダム中止後の生活再建支援法の早急な制定の4点を求めている。

 また、国交省関東地方整備局が出した「ダムが最善」との総合評価について、「恣意(し・い)的な検証で、国民に約束した予断なき検証、科学的・客観的な検証とはかけ離れている」と非難している。


◆2011年10月7日 東京新聞群馬版
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20111007/CK2011100702000065.html

 -八ッ場ダム検証「批判派入れ第三者機関で」 市民団体が要請書ー

 前田武志国土交通相による八ッ場(やんば)ダム(長野原町)の視察を八日に控え、建設中止を求める市民団体「八ッ場あしたの会」は六日、前田国交相宛に要請書を速達で郵送した。

 七日には県選出の民主党国会議員数人も前田国交相と懇談し、八ッ場ダムの建設中止を求める。

 八ッ場あしたの会は要請書で、建設の是非を巡り検証が続いている八ッ場ダムについて、「現在の河川行政に批判的な専門家を入れた第三者機関で公開検証を」と求めた。

 このほかに東日本大震災級の地震が起きた場合に起こりかねないダム予定地の地滑りや水需要の減少などを踏まえた科学的な検証と、予定地の住民への生活支援をダムの検証作業と切り離して早急に具体化することも求めた。 (伊藤弘喜)


◆2011年10月7日 上毛新聞

 -八ッ場ダム検証やり直しを要請 国交相に市民団体ー

 八ッ場ダム建設の見直しを求めている市民団体「八ッ場あしたの会」は6日、ダム建設の是非を決める検証のやり直しなど4項目の要請書を前田武志国土交通相に送ったと発表した。
 要請書はダム案を「最も有利」と総合評価した国交省関東地方整備局の検証を「ダム推進の結論が先にある恣意的な検証」と批判。①科学的・客観的な再検証②大地震時のダム本体の耐震性や周辺の地滑りの危険性に関する検証③ダム中止後の地元の生活再建支援法の早急な制定ーなどを求めている。


◆2011年10月7日 読売新聞群馬版

 -「批判的立場交えて」国交相に再検証要請 八ッ場あしたの会ー

 八ッ場ダム建設見直しを求める市民団体「八ッ場あしたの会」は6日、ダム建設が「最も有利」と評価した国交省関東地方整備局の検証について「科学的・客観的検証からかけ離れている」として、現在の河川行政に批判的な立場の専門家も交えた第三者機関で改めて検証し直すことなどを求める要請書を前田国交相に郵送した。
 同会は要請書で、水需要が減って水が余っていると主張し、同整備局の検証について「利水予定者の過大な要求水量をそのまま認めた」と批判。前田国交相が打ち出した、東日本大震災を踏まえた新たな検証を巡り、①想定を超えた洪水にはダムは役に立たない②代替地は最大級の地震で崩落の危険性があるー点を考慮するよう求めている。


« 1 ... 25 26 27 (28) 29 30 31 ... 87 »