2013年1月17日

 さる1月12日、東京、北とぴあで開催された当会主催のシンポジウムで、文化財保護法の専門家、椎名慎太郎氏(山梨学院大学名誉教授)が「遺跡保存を考える」と題して、八ッ場ダム予定地の遺跡の問題についてお話をされました。
 
 この時の映像記録が八ッ場あしたの会ユーチューブチャンネルに公開されました。↓
 http://www.youtube.com/user/yambatomorrow?feature=watch

 ご活用ください。

 *椎名先生には、岩波新書に名著「遺跡保存を考える」があります。すでに絶版になっていますが、アマゾンなどで購入できます。