現状レポート

(作成日:2018年6月23日)

八ッ場ダム事業の進捗状況

この資料には、工事の進捗状況の他、住民の移転状況、代替地の分譲状況などの資料も含まれています。
八ッ場ダム事業により移転を余儀なくされた世帯数は470世帯、水没補償の対象となったのは290世帯ですが、住民の集団移転地として国交省が造成した代替地へ移転したのは、このうちわずか61世帯です。
水没住民のうち、30世帯が町内の非水没地に移転し、199世帯が長野原町外へ移転しています。

八ッ場ダム事業の進捗状況(2018年3月末現在、国交省資料)

クリックするとPDFが開きます

以下に並べた表は、クリックすると拡大表示されます。