八ッ場ダム学習会 in 群馬・高崎ー5/14

ミニ学習会「八ッ場ダムをここまで引っぱっている政治と経済のからくり」

借金漬けの国のどこから八ッ場ダム事業費が出てくるのか?
ダムストップのボタンはどこに?
ジャーナリストのまさのあつこさんと八ッ場ダム問題を考えましょう!

◆日時:2006年5月14日(日) 午後3時~5時

◆場所:高崎市労使会館 2階会議室↓
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/sangyou/rousi/rousi.htm
(JR高崎駅東口より徒歩10分)

【まさのあつこさんプロフィール】
ジャーナリスト。1995年、徳島県の木頭村のダム反対運動に出会い、インターネット上で『ダム日記』を発信。98年より衆院議員、佐藤謙一郎氏、原陽子氏の政策秘書を務める。現在、『ダム日記2』の他、脱ダム後の地域再生のために日本の林業を考える『森のニンシン』をメールマガジンで配信中。著書に『日本で不妊治療を受けるということ』(岩波書店)、共著に『八ッ場ダムは止まるか』、『野麦峠に立つ経済学ーあなたの本気が世界を変える』、『「税金ムダ食い」カラクリ政治家、公務員、都道府県別「ひどさ」を検証する』など。

◆主催:八ッ場ダムを考える会(TEL/080-3278-9005)