全国自然保護連合の全国交流会ー9/10

 全国自然保護連合からのお知らせです。
 福島原発事故を受けて、全国交流会を開催します。
 私たちの命や暮らしを脅かす国策の実態や、私たちに今、求められていることを知りたい方は、是非ご参加ください。

 ─────────────────
    海、山、いのち それともお金?
    ─自然と環境を守る全国交流会─
   ─────────────────
   *福島原発事故が浮き彫りにしたものは*

  なぜ環境破壊は止まらないのか。どうすれば止められるのか。
  これらをみなさんとともに考えます。

■日 時 2011年9月10日(土) 10:00~16:20
■会 場 慶応大学 三田キャンパス
     南館 ディスタンスラーニング室(地下4階)
    (交通)
     ・JR山手線・京浜東北線の田町駅下車、徒歩8分
     ・都営地下鉄浅草線・三田線の三田駅下車、徒歩7分
     ・都営地下鉄大江戸線の赤羽橋駅下車、徒歩8分
    (案内図) 
     http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

■プログラム
 ●基調報告・講演(10:00~12:00)
 ◇基調報告「いま私たちに求められていること」
     川村晃生さん(慶応大学文学部教授、全国自然保護連合代表)
  ◇講演「自然を破壊する公共事業の裏側」
     横田 一さん(フリーリポーター)
  ◇講演「脱原発とエネルギー政策の転換」
     伴 英幸さん(原子力資料情報室共同代表)
 ●パネルディスカッション(13:00~15:50)
 ◇司会 川村晃生さん
  ◇パネラー
    水野隆夫さん(沖縄・泡瀬干潟大好きクラブ)
    澤井正子さん(原子力資料情報室)
    橋本良仁さん(高尾山の自然をまもる市民の会)
    渡辺洋子さん(八ッ場あしたの会)
    懸樋哲夫さん(リニア・市民ネット)
 ●会場との質疑応答

  ※午後4時45分から懇親会を開きます。

■参加費 700円(学生500円)
■主 催 「自然と環境を守る全国交流会」実行委員会
■後 援 公共事業チェック議員の会

■実行委員会参加団体
全国自然保護連合/リニア・市民ネット/水と緑の会/電磁波問題全国ネットワーク/寒霞渓の自然を守る会/日本消費者連盟/内川と内川河口をよみがえらせる会/高尾山の自然をまもる市民の会/三番瀬を守る連絡会/八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会/住民ひろば/八ッ場あしたの会/みどり・山梨/北区自然保護の会/千葉の干潟を守る会/外環反対連絡会/三番瀬を守る会/環瀬戸内海会議/瀬戸内法改正を求める首都圏連絡会/播磨灘を守る会/バイオハザード予防市民センター/千葉県自然保護連合/アジアの浅瀬と干潟を守る会/八ッ場ダムを考える千葉の会/市川の空気を調べる会/真間山の緑地を守る会/小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(順不同)

■問い合わせ先
  全国自然保護連合(中山)
  TEL・FAX 047-472-5324