利根川水系・鬼怒川上流ダム湖の水陸両用バス

 ダム湖観光に水陸両用バスを導入する動きがあります。
 八ッ場ダムは来年3月末に完成予定とされ、地元の長野原町ではすでに八ッ場ダムの関係都県の資金を使って水陸両用バスと屋形船を発注しているそうです。
 八ッ場ダム湖の水陸両用バスを運航することになっているダックツアーは、長野県の諏訪湖や長崎県のハウステンポスのほか、栃木県の利根川支流・鬼怒川上流の湯西川ダム(日光市)でも運航されています。水陸両用バスもダムを抱える地域の衰退を食い止める力にはなっていませんが、マスコミでは国交省が強力に推進するインフラツーリズムの一環として、大きく取り上げています。
 八ッ場ダム湖は7月から9月の観光シーズンは、洪水に備えて水位を最低でも28メートル(渇水年は40メートル以上)下げることになっていますが、ダックツアーはどのように運航されるのでしょうか?

 湯西川ダムと川治ダムのダックツアー
 http://www.japan-ducktour.com/yunishigawa/

 
 参考までに、栃木版の新聞記事をお伝えします。

◆2019年4月13日 毎日新聞栃木版
 https://mainichi.jp/articles/20190413/ddl/k09/040/013000c?pid=14516
ー水陸両用バス 川治ダムでも運行開始 地上60メートルの作業用通路歩く体験実施 湯西川ダムと2コースに /栃木ー

 日光市の湯西川ダム湖を巡る水陸両用バスの運行が12日、始まった。ダム人気の高まりを受け、今年は同市の川治ダムも加わり、2コースで運行される。川治ダムコースでは目玉企画として、ダム本体に設置している地上約60メートルの作業用通路を歩く体験も実施する。

 水陸バスは社会実験として2006年度に川治ダムでスタート。13年度からは完成したばかりの湯西川ダムを巡るルートになり、ダム湖遊覧とダム施設を見学できる人気の観光コースとなった。

 運行する水陸両用バス導入協議会によると、近年はダムや橋、大きな公共土木施設がインフラツーリズムとし…(以下略)

◆2019年4月10日 朝日新聞栃木版
https://digital.asahi.com/articles/ASM494526M49UUHB005.html?iref=pc_ss_date
ーダム施設を見学する「ダックツアー」12日からー