埼玉県議会 八ッ場ダム工期延長に同意決定(毎日新聞)

2008年3月8日 毎日新聞埼玉版より転載
「群馬・八ッ場ダム建設:工期延長に同意決定-県議会委」

 県議会総合政策委員会は7日、八ッ場ダム(群馬県長野原町)の工期を5年間延長し15年度までとする国の計画変更に同意することを決めた。24日の本会議可決後、県は特定多目的ダム法に基づき、国土交通相に対し「変更に異議なし」と回答する。

 ダムはすでに2度の計画変更で、総事業費は当初予定2110億円から4600億円に膨張(県負担分569億円)。工期も延長されている。各委員からはダムの必要性や今後の水需要予測についての質問や「県の工程管理の検証が甘いのでは」といった指摘が相次いだ。

 採決は中島浩一委員(民主)の退席後、総員一致で可決した。中島委員は「治水・利水面で本当にダムが必要か。度重なる計画変更は許しがたい」と話した。鈴木弘委員長は本会議での報告(21日)に、県が国に対し「責任ある誠実な対応」を求めるよう促す文言を盛り込む方針。【高本耕太】