学習講演会「八ッ場ダムストップと地元再生の道」ー5/23

 八ッ場ダムを推進する国や県は「計画変更」「総事業費日本一」などの矛盾を拡大しながらも推進一辺倒です。
 いっぽう、50年余に及ぶ時の経過の中で、住民の方々の補償と生活再建のねがいはますます切実です。
 「八ッ場ダムはもう要らない」の世論をひろげ、「地元と住民の生活再建の道をより明確にする」ためにどうしたらいいのか、ともに学び直し、意見交換するために、あなたの参加を心から訴えます。

◆主催:群馬の明日をひらく革新懇話会(群馬革新懇)
〒371-0023 前橋市本町3-9-10 労働センター TEL/FAX027-223-6611 事務局携帯/090-1268-1191

【概要】

午後1時半~ 開会の挨拶や諸運動からの報告・連帯

講演 「八ッ場ダムストップと生活再生の道」(仮題)
         嶋津暉之さん(水源開発問題全国連絡会共同代表・八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会代表)

質疑応答、意見交換

午後4時20分 閉会

◆日時:5月23日(土) 午後1時開場  1時30分開会

◆会場:前橋テルサ9F 「つつじの間」
      群馬県前橋市千代田町2-5-1 TEL/027-231-3211
(駐車場は市営パーク五番街及び千代田をご利用いただき、駐車券をお持ち下さい。

●参加資料代:500円カンパにご協力下さい。どなたでも参加できます。