「水とダム、命と暮らしを考える」 in 大阪ー9/27

 徳山ダムを舞台とした映画『水のなった村』の上映と併せて、映画監督大西暢夫さんと宮本博司さんによる対談企画です。
 「ダム」について、そして、「命と暮らし」について、頭で考えるのではなく、じっくりと感じることができる場となることと思います。

  「水とダム、命と暮らしを考える」
 
◆日時:  9月27日(日) 17時30分開演
◆場所:  第七芸術劇場
       大阪市淀川区十三本町1.7.27 サンポードシティ6F
       TEL06-6302-2073
       阪急十三駅西口から3分
 
 映画 「水になった村」上映
 対談 大西暢夫(映画監督)
     宮本博司(前淀川水系流域委員会委員長、元国土交通省防災課長)

 前売り券 1700円
 当日券 2000円

*チケット購入はこちら↓
http://ent.pia.jp/tns/event.do?eventCd=0937128