国交省の意見募集(今後の治水対策のあり方)

 2010年1月20日、国土交通省河川局より、今後の治水対策のあり方に関する意見募集についてのお知らせがありました。

 国土交通省のホームページに掲載された記者発表資料を転載します。↓
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/y2010e2c8c5390f95e1227cb5ba09aee4232e0456377e0.html

 「できるだけダムにたよらない治水」への政策転換を進めるとの考えに基づき、今後の治水対策について検討を行う際に必要となる、幅広い治水対策案の立案手法、新たな評価軸及び総合的な評価の考え方等を検討するとともに、さらにこれらを踏まえて今後の治水理念を構築し、提言することを目的として、平成21年12月3日に「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が設置されました。
 当会議では、本年夏頃を目途に中間とりまとめを公表し、この中間とりまとめ等を踏まえて個別ダムの検証が行われる予定です。
今後の検討の参考とするため、以下の意見募集要領のとおり、広く国民の皆様から御意見を募集いたします。

—転載終わり—
 意見募集要領については、上記国交省のホームページに詳細が掲載されていますので、ご参考になさって下さい。