谷根千「ダムとわたし」映画祭-4/24~28

 東京・下町でダム問題にまつわる映画がいっぺんに見られる「ダムとわたし」映画祭が開かれます。

 谷根千ネットより転載します。 
http://www.yanesen.net/topics/detail.php?id=101

都会の水と農業をささえてきたダム。
雇用をつくり、また、政治家と官僚を潤してきたダム。
山や海の姿を、そこに住む人々の生活を大きく変えてきたダム。

ダムとはなにか、ダム問題とはなにか。
わたしとダムの関係って一体どうなっているの。

みんなにどうしても「船、山にのぼる」を見てもらいたいE実行委員長と、ダムのことを一人で考えているのはもったいないからみんなにも考えてもらいたいというY副委員長、その渦にまきこまれたKがおくる、「面白くてためになる」5日間。
今年のゴールデンウィーク前半は、「ダムとわたし」をお見逃しなく!!

カンパ・お手伝いしてくださる人も募集中です。
また、お知り合いでダムが好きな人、公共工事が気になる人、土木技術に興味がある人、めずらしい映画が見たい人などいらっしゃいましたら、この映画会のことを広めてくださるとありがたいです。

プログラム

■4月24日(土)「不忍通りふれあい館」18:00開場 18:30開演
「船、山にのぼる」
(監督:本田孝義 音楽:風の楽団 製作: ビジュアル・トラックス/戸山創作所 支援:文化庁 2007年/カラー/DV/88分)
 *広島県灰塚ダム建設予定地でのアートプロジェクト、PHスタジオの「船をつくる話」とそれに関わる人々を追ったドキュメンタリー。
 ★本田監督のトークあり
不忍通りふれあい館 文京区根津2-20-7 
千代田線根津駅根津神社側出口より徒歩2分
鑑賞料1000円

■4月25日(日) 記憶の蔵(協和会の蔵) 13:30開場
・第1回 14:00~
 ①「巨大なるダム」(東京電力企画/岩波映画 /1975年/38分/16ミリ)
    *日本一高いロックフィルダムである高瀬ダムの基礎工事の記録
②「緑のダム~水源林を訪ねる」(東京都映画協会/1984年/10分/16ミリ)
    *水源林は東京都水道局の管轄になる。職員による水源林の巡回風景。
③「佐久間ダム建設記録 第2部」(間組企画/英映画社/1956/54分/16ミリ)
    *昭和31年竣工時に日本一を誇 り、戦後土木技術の原点ともいわれる建設記録。
・第2回 16:30~
 ①「ダムその役割」(日本経済教育センター企画/学研/1987/29分/16ミリ)
    *利根川流域の10数個のダムの必要性を説く。
 ②「ある陳情書から」(東京都映画協会/1980年/15分/16ミリ)
    *下久保ダムの水源地であった鬼石村のルポ。
③ 八ッ場ダム関連の記録映像か ら(約30分)
    *会場で意見交換
・第3回 19:00~
 ①映像ドキュメント 桜井均さんのセレクトによる記録映像から(40~50分)
谷根千<記憶の蔵>(「協和会の蔵」)文京区千駄木5-17-3 
千代田線千駄木駅団子坂側出口より徒歩8分
*映写協力/FPS小型映画部
鑑賞無料

4月26日(月)ジャズ喫茶「映画館」 19:00開場、19:30開映
 ①「ダムと人々の生活-水をもとめて」(共立映画社/20分/16ミリ)
    *ダムや用水の果たす役割を子供たちにもわかりやすく描く。
 ②「長江悠々」(企画:小口偵三/監督:神馬 亥佐雄/岩波映画製作所/1998年/60分/16ミリ)
    *中国山峡ダム建設による巨大開発で影響を受ける町、村、住民、文化財のルポ。
白山のジャズ喫茶「映画館」文京区白山5?33?19 
三田線白山駅白山神社側出口より徒歩1分
鑑賞無料・ドリンク代は各自お店へお支払いください。

4月27日(火)「不忍通りふれあい館」  18:00開場、18:30開演
「水になった村」大西暢夫監督 
(監督:大西暢夫 製作:ポレポレタイムス社  助成:芸術文化振興基金/2007年/カラー/92分)
  *岐阜県徳山ダム。ダムの水に沈むまでの村、そこに住む人たちの生活を追った15年間の記録。
  ★大西監督のトークあり
不忍通りふれあい館 文京区根津2-20-7 
千代田線根津駅根津神社側出口より徒歩2分
鑑賞料1000円

4月28日(水)「カフェ・コパン」19:00開場、19:30開映

谷中の喫茶店「カフェコパン」台東区谷中2-3-4
千代田線根津神社側出口より5分
鑑賞無料・ドリンク代は各自お店へお支払いください。
 ①「湖底の村、奥多摩湖-1,000万人の話 題」(東京都映画協会/1993年/5分/16ミリ)
  *昭和13年に着工、32年に完成。3ヵ村945戸が湖底に沈んだダムをコンパクトに紹介する。
 ②「あらかわ-ひとすじの小さな流れか ら」(監督:萩原吉弘/シグロ/1993年/79分/16ミリ)
  *荒川源流から河口まで、水と住民 の暮らしの関係を丸ごと記録したドキュメンタリー。
主催 「ダムとわたし」実行委員会
連絡先 03-3822-7623(t/f)
    080-6670-0142(緊急時のみ)