国土交通省、水資源行政を一元化

 わが国のダム行政を担ってきたのは、国土交通省の河川局です。その河川局も含めて組織が再編されることが公表されました。
 ↓
 http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo04_hh_000044.html
 国土交通省ホームページより 報道発表資料
 国土交通省組織令等の一部を改正する政令について

 以下のページで新旧の組織図を見られます。
 http://www.mlit.go.jp/common/000148470.pdf

 また、国土交通省のホームページには、「「水管理・国土保全局」の発足について」と題する説明文も掲載されています。

 これまでの河川局の各課はそのままで、これに加えて水資源部、下水道部が加わることになり、組織はこれまでより大きくなります。

◆2011年6月28日 日本経済新聞より一部転載
 -国交省、水行政を一元化 インフラ輸出担当も新設-

 政府は28日の閣議で、国土交通省の組織改正を決定した。水関連の行政を一元的に担う「水管理・国土保全局」など4局を新設するのが柱。7月1日付で実施する。2001年の同省発足以来、初めての大幅な組織再編となる。

 「水管理・国土保全局」は河川局と土地・水資源局の水資源部、都市・地域整備局の下水道部を統合。土地・水資源局の土地分野は総合政策局の不動産、建設産業分野と合わせて「土地・建設産業局」とする。 (以下略)