第三回「基本高水」検証セミナーのユーストリームをアップ

2011年7月25日

 7月19日に参議院議員会館で開催された日本学術会議による「基本高水」検証セミナーの第三弾のユーストリーム映像をトップページの「更新情報」の下にアップしました。

<内容>
・「日本学術会議は何を明らかにしたか 何も出来なかったのではないか」
  高橋 利明氏(弁護士)
・「日本学術会議の「回答骨子」の説明に何を求めるか」
  利根川流域住民
・「2005年資料での飽和雨量、2011年作成氾濫想定図が捏造であることへの反論」
  国交省 水管理・国土管理局河川計画課(交渉中)
・「検証をどう見るか?」
  大河原雅子氏(参議院議員) 他

 この集会を主催した「治水のあり方シフト研究会」代表のまさのあつこさん(ジャーナリスト)のブログより、ユーストリームのハイライトについての説明を転載
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/

  15:20 基本高水計算の前提となる堤防そのものがない!
   (20:00 だから本当は最大でも2.2トンではなく1.675トン)
  21:10 基本高水前提となる堤防計画そのものも実はない!
  29:00 市民が検証させない「流域分割図」不開示
      8月2日に東京地裁で開示請求訴訟の判決予定
  35:00 国交省の3つのウソ 2つのだんまり
  36:24 学術会議はこうした国交省のウソや疑惑を質したか?
  38:00 回答骨子の説明
  42:00 「この通りやらないでね」と言っている?
 (43:00 今日の開催趣旨)
▼日本学術会議の「回答骨子」の説明に何を求めるか 流域住民
  45:00 茨城県より神原禮二さん
       (52:00 このウソに触れないのはどういうことなのか?)
◎ 55:20 裁判所にウソをついたか国会にウソをついたか?
      国交省河川計画課はドタキャン
◎ 58:00 この国はどうなっているのか? 大河原雅子参議院議員コメント 
▼日本学術会議の「回答骨子」の説明に何を求めるか 流域住民
  1:01:20 埼玉県より河登一郎さん
       国土交通官僚を公文書偽装で告発~質問状
▼サプライズ緊急報告 竹本弘幸氏
  1:12:30 氾濫している図(by 国交省)のうち、安中駅、上信電鉄等は氾濫していない。