最高裁へ特別抗告

2012年8月22日

 八ッ場ダムをストップさせる東京の会からの連絡をお伝えします。

 八ッ場ダム住民訴訟は8月7日、東京高裁で行われた東京都分の控訴審で、原告側が「裁判官忌避」を申し立てましたが、東京高裁は8月16日付で忌避申し立て却下と決定しました。 
 これを受けて原告側は、8月21日に最高裁へ特別抗告状を提出しました。

 東京高裁からの忌避申し立て却下の文書、および特別抗告状のデータを以下に掲載します。(データの下に特別抗告状を転載します。)

      忌避申し立て却下(2012年8月17日、東京高裁)
      

      最高裁への特別抗告状(2012年8月21日)
      

 特 別 抗 告 状
 2012年8月21日

 最高裁判所 御中

 特別抗告人ら訴訟代理人
 弁護士 高 橋 利 明 代
 同 大 川 隆 司 代
 同   羽 倉 佐 知 子 代
 同 只 野 靖 代
 同   土 橋 実 代
 同   西  島    和  
 同 谷  合  周  三 代 
 同(復) 島     昭  宏 代

               ほか28名

 当事者の表示 別紙当事者目録記載のとおり

 東京高等裁判所平成24年(行タ)第135号裁判官忌避申立事件(基本事件・東京高等裁判所平成21年(行コ)第213号公金支出差止等(住民訴訟)控訴事件)について、同裁判所が平成24年8月16日にした決定は、憲法に反しており、不服であるから、特別抗告を申し立てる。

 第1 原決定の表示
   本件申立てをいずれも却下する。

 第2 特別抗告の趣旨
 1 原決定を取り消す
 2 裁判官大竹たかし、裁判官後藤博、裁判官栗原壯太に対する忌避申立は理由がある
との裁判を求める。

 第3 特別抗告の理由
   追って、理由書を提出する。
                          以上