「大雨時の河川流出量 森林回復で4割減 八ッ場建設に影響も」(東京新聞)

 2012年11月13日 東京新聞一面より転載
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012111302000087.html

 -大雨時の河川流出量 森林回復で4割減 八ッ場建設に影響もー
 

 森林機能が回復した土壌は、はげ山が目立つ荒廃した時期に比べ、大雨が川に流れ出す量を三~四割程度も減らすことが、東京大学演習林・生態水文学研究所(愛知県瀬戸市)の研究で分かった。森林が雨水を浸透させて洪水を和らげる「緑のダム」効果が、実際の観測値を基に実証されたのは珍しい。 

 国土交通省は森林の保水力を十分反映させずに、今後想定される最大洪水の規模を計算し、利根川上流域の八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)建設の根拠としている。専門家は「想定洪水の規模は過大で見直すべきだ」と指摘している。

 同研究所の五名(ごみょう)美江特任研究員と蔵治光一郎准教授によると、演習林内の丘陵地(約十四ヘクタール)では降雨量と、降った雨が川に流れ出す直接流出量を観測してきた。これまでの記録から、木々の乱伐で三割近くが裸地だった一九三五~四六年の荒廃期と、森林面積が九割以上回復し、土壌の再生が進む二〇〇〇~一一年の各十二年間で、総雨量六〇ミリ以上のデータを比べた。

 このうち一時間当たりの雨量がピーク時で三〇ミリ以上の強い雨の場合、荒廃期よりも森林回復期の方が雨の流出量が大幅に減少。総雨量が二〇〇ミリで38・3%減り、倍の四〇〇ミリでも25・6%減少していた。保水力の差を見ると、四〇〇ミリで七一・三ミリもあった。

 蔵治准教授は「大雨では森林の保水力は効果を発揮しないという国交省の従来の見解を覆す結果が出た。今後は森林政策と治水計画を融合していくことが望ましい」と語る。

 八ッ場ダムの是非などを検証している「利根川・江戸川有識者会議」委員の関良基・拓殖大准教授は「利根川流域で最も被害が出た一九四七年のカスリーン台風洪水時、上流域ははげ山も多かったが、現在、森林は回復し、土壌が発達している。計算をやり直せば八ッ場ダムが不要になるはずだ」と話した。

 ~~~
 こちら特報部より一部転載

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012111302000116.html
 ー「緑のダム」効果実証 大雨でも森林に保水力 東大の研究所ー

 森林が雨水をため込んで、洪水を緩和する-。そんな「緑のダム」効果は知られてきたが、東京大学演習林・生態水文学研究所が大雨が降り続いた場合でも、森林が保水力を発揮することを具体的な数値で明らかにした。群馬県の八ッ場(やんば)など議論が続くダム建設の在り方にも影響を与えそうだ。 (小倉貞俊) ~以下略~