新緑の現地見学会2018 ~地すべりが心配されるダム湖予定地ー5/13

 八ッ場ダム事業では2019年秋からダムに水を貯める試験湛が始まる予定です。
 水没予定地では樹木の伐採が盛んに行われ、発掘調査が急ピッチで進められています。

 ダム湖畔となる場所には、多くの地すべり地と水没住民の移転代替地があります。代替地は30メートル以上も谷を埋め立てた盛り土造成地です。わが国には2700基ものダムが建設されてきましたが、八ッ場ダムのように住宅地に取り囲まれるダム湖は前例がありません。
 はたして湛水による災害誘発の危険性をなくすことはできるのでしょうか?
(写真右=ダム湖予定地を流れる吾妻川の両岸では、押え盛り土工法による地すべり対策が行われている。)
 
 この見学会では、八ッ場ダムを建設中の新緑の名勝・吾妻峡とともに、地すべり対策や代替地の安全対策が行われているダム湖予定地を見学します。
(写真右=国の名勝・吾妻峡で進む八ッ場ダム本体工事。)

 ◆日 時: 2018 年 5月 13 日(日曜日)11:30 ~15:30

 ◆集合・解散場所 :JR 吾妻線「長野原草津口」駅
           集合時間11時30分

 ◆参加費: 2500 円(バス代、保険代、資料代)

 ◆募集人数:20名

 ◆持ち物:お弁当

 ◆東京方面からの便利な列車のご案内
  行き JR 特急「草津」 上野駅 9:00 発  長野原草津口駅 11 :20 着
  帰り JR特急「草津」 長野原草津口駅15:43発 上野駅 18:09 着 

*見学会ではマイクロバスを利用します。座席数が限ら 座席数が限ら 座席数が限られていますので れていますので 、ご希望の方はお早めに申し込みください。
*見学会終了後 、ご希望の方には川原湯温泉共同へご案内します。(帰りは川原湯温泉駅発 16 :44 高崎行きの普通列車をご利用いただけます 。)

 主催:八ッ場あしたの会
 ≪申し込み・問い合わせ≫
 下記メールフォームでご連絡ください。
 https://yamba-net.org/contact/
 お申し込みの際は、お名前、ご住所、お電話番号(当日緊急連絡用の携帯番号)を伝えください。