南摩ダム予定地見学会と水源連集会ー11/24~25、栃木県

 水源開発問題全国連絡会(水源連)からのお知らせをお伝えします。

 水源連の今年の総会は、栃木県栃木市で開催されます。総会記念集会のテーマは同県で(独)水資源機構が推進する思川開発事業の南摩ダムです。
 南摩ダムが建設されると、地下水100%のおいしい水を供給している栃木県南地域の水道は、ダムによる高くてマズイ開発水に切り替わってしまいます。講演会では南摩ダムと水道事業の問題に加えて、2015年の鬼怒川水害と今年7月の西日本豪雨水害も取り上げられます。総会の前日には、南摩ダム建設地の見学会が予定されています。

➡ 右下の画像をクリックすると、チラシの表面と裏面がダウンロードできます。
 
~~~~~
11/24(土)南摩ダム建設現場・取水予定地見学
 13:00  JR宇都宮駅

11/25(日)水源連2018年度総会 
     栃木県南地域 水道問題全国集会

 13:15 記念講演 
     ・太田正先生
     「新規水源開発事業の不合理性を検証する」

     ・嶋津 暉之氏
     「鬼怒川水害と西日本豪雨災害」

 14:40 現地報告「高くてマズい水はごめんだ」
     ・大木一俊弁護士
     ・早乙女正次氏

 16:00 閉会