ダムは続けざまの洪水には対応能力が大きく低下

 近年、日本列島を襲う台風は、連続して襲来することが多くなっています。続けざまの洪水に対して、ダムの治水効果が低下することについて、当会の嶋津暉之さん(水源開発問題全国連絡会共同代表、元・東京都環境科学研究所研究員)による解説を紹介します。

~~~
 10月12日に台風19号が各地に甚大な水害をもたらした後、台風20号が日本列島に近づきました。幸いなことに、台風20号は10月21日には温帯低気圧になりましたが、近畿地方から関東地方にかけてかなりの雨を降らせ、一時は台風19号の被災地に更なる災厄をもたらさないかと心配されました。
 この台風20号の接近について、国土交通省関東地方整備局が10月20日に以下の記者発表を行いました。

「台風第20号に備えダムの洪水調節容量の確保を進めています」
 http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_s_00000412.html

 上記ページに掲載されている本文資料には、利根川上流ダム群、鬼怒川上流ダム群などについて10月20日午前10時時点の洪水調節可能容量が下図の通り、示されています。ダムの数字を見ると、本来の洪水調節容量を大幅に下回っていることに驚かされます。

 本来の洪水調節容量と10月20日時点の洪水調節可能容量を比較した表を下記に示します。

 利根川上流ダム群は回復率26%、鬼怒川上流ダム群は50%、宮ケ瀬ダムは20%です。
 (荒川上流ダム群は50% 【補遺】を参照)

 台風19号が襲来してから一週間程度たった時点の数字ですが、ダムの水位を十分に下げることができない状態でした。
 治水だけでなく、利水の役割も担っているダムは、洪水調節容量が多くなる洪水期がすでに終わっていますので、すみやかに水位を下げられない事情があるのでしょうか。
 台風が次々と押し寄せてきているのですから、ダムの水位を極力下げて次の洪水の襲来に備えなければならないはずでしたが、現実のダムはそのようになっていません。

 続けてやってくる洪水には対応能力が大きく低下するのがダムであって、ダムに依存する治水行政の危うさを物語っているといえます。

【補遺】ダムと比べて、対応能力の回復が早いのが、河川の中下流に設置された洪水調節池です。

 渡良瀬川最下流の渡良瀬遊水地、利根川中下流の田中・菅生・稲戸井調節池は、本来の洪水調節容量を上回る容量の調節が可能となっています。(回復率が100%を超える理由は今後調べます。)

 洪水調節池は洪水のピークが過ぎれば、速やかに放流しますので、回復が早いのです。

 なお、荒川の数字は荒川上流3ダムと荒川第一調節池を合わせた数字で、回復率が82%になっていますが、荒川第一調節池の回復率を100%とすると、荒川上流3ダムの回復率は50%になります。