八ッ場ダムは1935(昭和10)年に「国の名勝」に指定された吾妻峡に建設された。
2015年1月に始まった本体工事は、自然林に覆われた両岸の山と河床を掘削後、2016年10月よりダム堤体のコンクリート打設を開始。2019年6月に打設を完了し、10月から開始した試験湛水を終え、2020年3月に完成、2020年4月より運用を開始している。

イベントのお知らせ » 一覧を見る
2021/12/22市民集会「高くてまずいダムの水はごめんだ」ー2022年1/30、栃木市
2021/11/19やんば天明泥流ミュージアム令和3年度学芸員講座ー12/4,12/18,1/15,1/29
2021/10/14気候危機と水害オンラインセミナー「愛媛県肱川 ダム緊急放流裁判が問いかけるもの」ー10/26
2021/09/27写真展「琵琶湖源流の美と暮らし」ー10/16~24、滋賀県長浜市
2021/09/05気候危機と水害ーダムで暮らしは守れるか?
オンライン連続セミナー第6回(八ッ場ダム)ー9/10

事務局だより » 一覧を見る
2022/01/12「八ツ場から届くエール」(西日本新聞)
2021/12/26新刊『流域治水がひらく川と人との関係 2020年球磨川水害の経験に学ぶ』
2021/12/20八ッ場ダム周辺の地盤調査について(zoom報告会その2)
2021/12/13八ッ場ダムの堆砂問題(zoom報告会その1)
2021/12/03国土交通省 球磨川の河川整備基本方針 審議資料17カ所で誤り

八ッ場ダムニュース » 一覧を見る
2022/01/19New! 長野原で地域つなぐ蜂蜜酒製造、八ッ場ダムめぐる対立消え 
2022/01/06川原湯で地ビール製造・販売の企画
2022/01/05雪降る元旦、横壁住民、観光船に初乗船
2021/12/29八ッ場ダム観光船、元旦に運航開始
2021/12/25八ッ場ダム周辺、デマンドバスの実証実験始まる

関連ニュース » 一覧を見る
2022/01/22New! 国交省、球磨川治水で耐越水堤防工法を導入
2022/01/11長崎県知事選 県民アンケート 石木ダム・反対3割、賛成2割 4割超「判断できない」
2021/12/26九州の公共事業関連、来年度予算は川辺川ダム26億円、立野ダム165億円
2021/12/22山鳥坂ダム計画変更(工期6年延長、事業費470億円増)
2021/12/19荒川堤防の“弱点”解消13年遅れが明らかに

更新情報 » 一覧を見る
2020/10/02「2019年東日本台風 八ッ場ダムは本当に利根川の氾濫を防いだのか?」
2020/04/14「八ッ場ダム計画の歴史」更新
2020/04/10「活動履歴」を更新
2020/03/14講演「台風19号で八ッ場ダムが首都圏を救ったという話は本当か」動画公開 
2020/03/14講演「ダムに沈んだ縄文遺跡」の動画公開