「自民『必要な施設』八ッ場ダム質問状」(朝日新聞群馬版)

2005年8月30日 朝日新聞群馬版より転載

「自民『必要な施設』八ッ場ダム質問状」

 国交省が進めている八ッ場ダム事業についての考えを知ろうと、市民団体「八ッ場ダムを考える会」などが主な政党に出した公開質問状に、自民党から「(ダムは)必要不可欠な施設だ」と回答が届いたと、同会が29日発表した。これで、5政党すべての回答がそろった。
 考える会によると、自民の回答文は締め切り(26日)後の29日に届いた。回答文では、ダムは「利根川流域住民の生命と財産を守るとともに、首都圏の生活と産業を支える」などとし、関係都県の同意が得られていることから「推進すべきだ」としている。
 考える会は質問で、ダム予定地は岩盤崩壊、地滑りの危険がある▽住民の移転予定地は、分譲価格が高額で、造成も遅れていると指摘した。これに対し自民は、「安全性は問題ないと考える。住民の理解の上で9月に調印式が実施されると承知している」と回答した。
 公開質問状には、民主、共産、社会が「ダムは必要がなく、中止すべきだ」、公明が「治水面で必要」と回答を寄せていた。