小田急高架訴訟、永源寺第二ダム判決の意味すること

 止まらない乱開発に歯止めをかけたいと、各地の住民が取り組む裁判闘争。諫早湾、高尾山圏央道、と相次ぐ住民側の敗訴で、三権分立はどうなったのか、と司法への批判が高まっていましたが、「小田急高架」「永源寺第二ダム」訴訟において、司法制度改革の成果ともいえる住民側勝訴の判決が連続して報じられました。これらの判決の意味することを知りたい方は、以下のサイトをご覧下さい。↓
http://www.viva.ne.jp/blog/wonwonatsuko/archives/001076.html