「公共事業費3%削減案に国交相が反発」(朝日新聞)-5/11

北側国土交通相は10日、経済財政諮問会議で国・地方の公共事業費を今後5年間、毎年3%以上のペースで削減するべきだとした民間議員の提案に「これまで同様の縮減を続ければ真に必要な事業もできなくなってしまう」と批判した。
 国交相は、高度成長期に建設された道路や橋の更新期を迎えることを指摘。「適切な維持・管理コストなどが増えてくる可能性もある」と強調した。