群馬県知事選立候補者へのアンケート結果

 八ツ場ダム問題について、八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会、八ッ場ダムを考える会では群馬県知事選挙立候補予定者の以下の5氏にアンケートを実施しました。(敬称略、あいうえお順)

◇大沢正明(前県議会議長、自由民主党公認、公明党推薦)
◇小寺弘之(現職)
◇清水 澄(ホテル経営者)
◇山本 龍(前自民党県議)
◇吉村 駿一(弁護士、日本共産党推薦)

 大沢正明氏からの回答はありませんでした。小寺弘之氏からは、各質問への回答ではなく、文章として回答がありました。各候補者の回答を掲載します。質問全文はこちらに掲載されています。↓
https://yamba-net.org/wp/modules/news/article.php?storyid=410

1.八ッ場ダム事業には
○清水 澄 問題がある
○山本 龍 問題がある
○吉村駿一 問題がある

2.八ッ場ダム計画は見直しが必要か?
○清水 澄 見直しが必要
○山本 龍 見直しが必要
○吉村駿一 見直しが必要

3.水余りの時代になっていることを
○清水 澄 知っている
○山本 龍 知らなかった
○吉村駿一 知っている

4.八ツ場ダム計画と連動して、水質の良い地下水を切り捨てる政策が進められていることを
○清水 澄 知らなかった
○山本 龍 知らなかった
○吉村駿一 知っている

5.八ツ場ダムの治水上の必要性について
○清水 澄 そこまで理解が及んでいません
○山本 龍 その他
○吉村駿一 疑問がある

6.地質の問題について
○清水 澄 その他
○山本 龍 災害誘発の危険があり、計画の見直しが必要
○吉村駿一 災害誘発の危険があり、計画の見直しが必要

7.予定地での生活再建のめどが立っていないことについて
○清水 澄 早急に対策を講じるべき
○山本 龍 早急に対策を講じるべき
○吉村駿一 早急に対策を講じるべき

8.利根川河川整備計画策定のための議論の場への住民参加について
○清水 澄 住民参加を認めるべき
○山本 龍 住民参加を認めるべき
○吉村駿一 住民参加を認めるべき

◇小寺 弘之知事の回答
 八ツ場ダムは、首都圏の治水と利水を目的として、昭和27年に計画されたダムです。
 この事業をめぐって、地元に賛成、反対がありました。特に、地元は生活を根本から変えることとなります。大きな苦悩を経て、結局、国策としてダム建設が国によって進められることとなりました。したがって、ダム建設に伴う様々な問題は、国土交通省が責任を持って取り組んでもらうことが何より重要です。
 また、このダム建設に伴い、住宅などの移転を余儀なくされる地元長野原町の水没住民の皆さんができる限り早く生活再建できるよう、県として国に強く要望するとともに、県も様々な現地生活再建支援事業を実施してきました。
 半世紀にわたる水没関係者の思いと意見に耳を傾けながら、今後も生活再建に関わる具体的な取り組みを強力に進めます.