八ッ場ダムに関する内閣答弁に対する八ッ場あしたの会の見解

 2009年2月6日、「利根川水系河川整備計画と八ッ場ダムに関する質問主意書」(大河原雅子参議院議員 2009年1月29日)に対する政府答弁書が麻生太郎総理大臣より江田五月参議院議長に示されました。

 質問主意書、内閣答弁本文はこちらに転載しています。↓
https://yamba-net.org/wp/modules/news/article.php?storyid=710

 内閣答弁の内容には多くの問題がありますが、八ッ場ダム問題に関する答弁内容について、八ッ場あしたの会の見解を公表します。

————————————————————————————
1 八ッ場ダム本体工事の入札公告は八ッ場ダム事業の既成事実づくりではないか。

 国土交通省は今年1月9日に八ッ場ダム本体工事の入札公告を行った。しかし、ダム本体工事の着手は来年度後半のことであり、また、来年度の予算はまだ国会審議中であって決定されていない。これは明らかに八ッ場ダム事業の既成事実づくりではないかと考えられるので、本質問主意書では直轄の他ダムの入札公告時期等を明らかにすることを求めた。その結果から次の事実を読み取ることができる。

① 2004年度の途中まではダム本体工事の入札公告日から契約締結日までの日数は70~120日程度であったから、入札までの準備に200日を超える日数が必要ではないことは明らかである。
② ところが、国土交通省は2004年度の途中から、入札までの準備に200日、さらに250日を超える日数を設定するようになった。
③さらに、2006年度までは入札公告を予算決定前に行うことはなかったが、2007年度からは予算決定前の来年度予算の本体工事について入札公告を行うようになった。
●湯西川ダム:入札公告日2007年12月25日、入札日2008年7月18日 契約締結日2008年7月28日 
●津軽ダム:入札公告日2007年12月25日、入札日2008年8月26日、契約締結日2008年10月6日

④ ②と③で見られる本体工事入札公告の前倒しは、物理的に必要なものではないから、国土交通省の恣意的な判断によるものであり、それはダム反対の声の拡がりを恐れてダム事業の既成事実化を企図したものであると考えられる。
⑤ 八ッ場ダム本体工事の入札公告は、上表の直轄ダムと比べると契約締結日までの日数が最長に近いものであり、さらに、予算決定前の公告であるから、まさしくダム事業を既成事実化して「ダムはもうストップできない」と思わせる状況にすることを狙ったものである。

2 八ッ場ダムは2015年度末に本当に完成するのか。

 今回の答弁書で示された今後のスケジュールは次のとおりである。
① 付替国道と付替鉄道は2010年度末までに完了し、現国道、現鉄道は一般の用に供されなくなる。(答弁書二の1の(六)及び(七)について)
② 付替国道で「すでに完成した区間」の延長は2008年3月末現在で約600メートルである。(答弁書二の2の(一)について)(付替国道の全延長は10.84キロメートル)
③ ダム本体工事は2009年度に吾妻川の仮締切の工事を開始、2012年度にコンクリートの打設(本体打設)を開始し、2015年度に本体打設を完了する。(答弁書二の1の(五)について)
④ ダム水没予定地の住民の移転は、本体打設を開始する(2012年度)までに概ね完了していることを予定している。(答弁書二の1の(八)について)

 現国道と現鉄道はダム本体予定地の真下を走っているから、ダムサイト岩盤の掘削が始まれば、石等が落下する危険性が生じるので、使用は困難となる。答弁書ではその時期を2011年度からとしている。ということは、付替国道と付替鉄道の工事を2010年度末までに完了し、2011年度から現国道と現鉄道を廃止できる状態にしておかないと、ダムサイト岩盤の掘削に入ることができず、本体工事に遅れが生じることになる。
 付替国道で「すでに完成した区間」の延長は昨年3月末現在で約600メートルにとどまっているのであるから、あと2年間で付替国道の工事を完了させるのは至難のことである。
さらに、付替鉄道についても川原湯温泉新駅周辺等の工事は用地未買収のところがあって、工事が大幅に遅れており、こちらもあと2年間で工事を完了させるのはきわめて難しい状況にある。
 上述のとおり、現国道と現鉄道を廃止できる状態にしないと、ダム本体の岩盤掘削に着手できないのであるから、付替国道、付替鉄道の工事の遅れによって、八ッ場ダムの完成は2015年度末よりも大幅に遅れる可能性が高いと考えられる。
————————————————————————————

上記に関連する新聞記事はこちらです。↓
https://yamba-net.org/wp/modules/news/article.php?storyid=708
ー「建設見極めの時期」 八ッ場ダム巡り反対派ー(朝日新聞群馬版)

https://yamba-net.org/wp/modules/news/article.php?storyid=707
ー八ッ場バイパス進ちょく率は6%ー(毎日新聞群馬版)