八ッ場ダム問題を知る上映会~水没予定地の人びとの声を取り上げて~」-11/30

 あしたの会ユース(若者グループ)による企画イベント第一弾です。東京世田谷のオーガニック・コミュニティ・カフェ店内一部エリアにての開催になります。

◆日程:11月30日午後7時半より9時半

◆会場:『ふろむあーすカフェ・オハナ』
(東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅南口より徒歩2分)
 会場地図は、こちらをご覧下さい。↓
 http://www.cafe-ohana.com/access.html

◆参加費:ノーチャージ・1オーダー制(定員30名)  

 選挙後のメディアを連日にぎわせている、ダム計画です。
 このダムは、半世紀以上前に下流域である首都圏の水需要にこたえるために、群馬県吾妻郡に計画されました。

 水没予定地に住む人びとは、人生の大半をダム計画と共に暮らしてきました。だからこそ、今回の「八ッ場ダム計画中止」は大きな衝撃だったに違いありません。しかし、それがどんな衝撃だったのかは、今の報道だけではわかりません。なぜなら政権交代後の報道においては、水没予定地住民がダム中止反対の姿勢をとっていると、画一的な姿を映すのみで、そうした姿勢も含めて各人が選択するに至った背景の部分には、ほとんど光を当てていないからです。

 今回は、水没予定地に住む人びとの経験がどのようなものだったのかを知る手がかりとして、八ッ場ダム水没予定地を取材した記録映像を上映します。また、以前から現地取材に取り組んできた映像記録者をゲストに招いてのトーク、その後みなさんでフリートークしながら“考えて”みたいと思います。

 「こんだけ騒がれてるからいまさら基本的なこと聞けないけど…」
 そんな疑問・質問も大歓迎!
 問題を知って、考えるきっかけになればと思います。

 オーガニックのおいしいご飯を食べながらの上映会+トーク、ぜひお越しください! 先着30名です!

■schedule/スケジュール■
19:30~  open
19:40~  映像上映  
20:25~  フリートーク
21:30   
close

■reference/問い合わせ■
fiume0148@yahoo.co.jp (森)