保坂のぶと現場リポート「八ッ場ダムはなぜ止まらないのか」上映 & 嶋津暉之講演-5/7

やっぱり、イラナイ・アブナイ八ッ場ダムをつくってはいけない!

 絶対安全と言われていた原発で大事故が起こりました。
 脆弱な地盤に造られる八ッ場ダムと、水没住民の移転先である代替地も、実は大きな危険性をかかえています。
 安全と主張する国交省の地盤調査や対策には、
 いくつものゴマカシや甘い判断がひそんでいます。
 そもそも、八ッ場ダムは利水上も治水上も必要ありません。

 工事が全く止まらない八ッ場ダムの現状ドキュメント(45分)を上映し、
 取材・制作した保坂さんからもお話いただきます。
 また、事業者である国交省自らが進めている「八ッ場ダム検証」の問題点を
 八ッ場ダム問題の第一人者、嶋津さんに徹底検証していただきます。

 技術への過信、無駄な公共投資によって、ふたたび取り返しのつかない結果を招くことのないよう、
 正確な事実を知り、いっしょに考えましょう。

○日時 2011年5月7日(土) 午後1時半~4時半

○場所 豊島区生活産業プラザ 地階 展示室
 (豊島区東池袋 1-20-15 電話:03-5992-7011)
 池袋駅東口 徒歩 5 分 豊島公会堂南隣
  http://snipurl.com/27qfns

○資料代 500円

○主催 八ッ場ダムをストップさせる東京の会/八ッ場あしたの会

○連絡先 Tel/Fax 042-341-7524(深澤洋子)