学ぼう「越水堤防」の研究成果ー5/23 in 東京

 ■学ぼう「越水堤防」の研究成果■

 近年、「越水堤防」は新たな治水のあり方として注目されています。
 しかし、その調査研究成果は1980年代にすでに出ていました。
 ところが、河川行政の現場では採用されてこなかったのが現状です。

 30年の時を経て、当時、最前線でその調査研究を行った研究者にその成果をパワーポイントで解説していただきます。ふるってご参加ください。

◆講師:石川忠晴・東京工業大学大学院総合理工学研究科教授

◆日時:5月23日(水)17:30~18:45 開場(17:20)

◆会場:東工大蔵前会館 手島精一記念会議室(S)(下記)

◆定員:16人(補助席あり)
 
◆参加費:500円(学生無料)

◆講師プロフィール:東京工業大学博士課程修了(1978年)。建設省土木研究所研究員、東京工業大学工学部助教授、東北大学工学部助教授・教授を経て、現在は東京工業大学大学院総合理工学研究科教授。専門は河川工学、環境水理学。

◆主催:治水のあり方シフト研究会(緊急時080-3127-0915)

◆交通アクセスhttp://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/access/index.html 
 会場地図:大岡山駅(東急目黒線)から徒歩1分(東工大正門前)