国交省のパブコメに市民団体、抗議文

2012年6月19日

 国交省関東地方整備局が実施中のパブリックコメントについて、昨日、利根川流域市民委員会が抗議文を提出しました。

 関連記事を転載します。

◆2012年6月19日 上毛新聞

 -意見募集停止 国交相に要請 八ッ場で市民団体ー

 八ッ場ダム(長野原町)本体工事の着工条件の一つになっている利根川・江戸川河川整備計画の策定で、国土交通省関東地方整備局が行っている意見募集について、市民団体「利根川流域市民委員会」は18日、治水の安全水準に限定した現状の意見募集は停止すべきだとする緊急要請書を羽田雄一郎国交相に提出した。

◆2012年6月19日 東京新聞群馬版

 ー「八ッ場ありきだ」 国交省の意見募集 市民団体が抗議ー

 利根川・江戸川の河川整備計画の基礎となる「安全水準」について国土交通省関東地方整備局が二十三日まで行っている意見募集に対し、市民団体は十八日、「募集の仕方が八ッ場ダムにつながるようになっている」と批判する要請書を羽田雄一郎国交相宛てにファックスで提出した。
 要請書を出したのは利根川流域市民委員会。国交省のように安全水準を決めた上で治水対策を取るのではなく、想定外の洪水にも柔軟に対応できる避難対策の確立と堤防強化などを求めた。(伊藤弘喜)

★国交省関東地方整備局が実施中のパブリックコメントの要項(〆切り:今週土曜日午後6時)
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000061901.pdf

●意見提出様式(ワード形式)
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000061903.doc

★利根川流域市民委員会による羽田大臣への要請書
https://yamba-net.org/wp/modules/news/index.php?page=article&storyid=1666