東京の水あまりに関する意見書

2012年8月30日

 八ッ場ダム推進の根拠とされてきた東京の水需要の問題について、詳しい解説を掲載しましたので、お知らせします。

 東京をはじめとする首都圏の水需要は、高度成長時代には右肩上がりでしたが、その後、減少に転じました。
 この問題に長年関わってきた嶋津暉之さん(元東京都環境科学研究所研究員)が2012年6月4日付で裁判所に提出した八ッ場ダム住民訴訟の意見書には、この問題が詳しく論じられています。
  https://yamba-net.org/wp/doc/tokyo_k_g_iken_shimazu_k49.pdf
 (クリックするとご覧いただけます。)

 (首都圏の水あまりのページの「東京都の場合」でも見られます。)

 さる8月27日、朝日新聞は社説でこの問題を取り上げました。
 https://yamba-net.org/wp/modules/news/index.php?page=article&storyid=1706

 残念ながら、三権分立とは名ばかりの司法は行政に切り込もうとはしませんが、わが国の水問題を考える上で、嶋津さんの意見書は重要な指摘を行っています。

 意見書の目次を転載します。是非、本文をご覧下さい。

  1 はじめに
  2 東京都水道局の新予測
   2-1 反転 して急増する不可解な新予測
   2-2 2020年度以降は次第に減少
  3 東京都の新予測の仕組み
  4 大阪府水道部の予測
  5 東京都の新予測の是正
  6 東京都の将来の水需給
  7 まとめ