南摩ダム(思川開発)、八ッ場ダム完成予定の翌年(2020年度)本体着工

 水資源機構が進める思川開発事業(南摩ダム)。
 八ッ場ダムと同様、人口減少時代に逆行する水源開発事業ですが、栃木県の地元紙が来年度政府予算案について伝えています。
 思川開発事業の総事業費は現時点では1850億円です。八ッ場ダム完成予定は2019年度。その翌年に南摩ダム本体着工、24年度に試験湛水の見通しとのことです。