鬼怒川水害被災者への第二回説明会ー3/18、茨城県常総市

 2015年9月の台風の際の鬼怒川水害は行政の過ちによるところが多く、とりわけ、河川管理者である国土交通省の責任は重大です。
 水害訴訟の経験がある弁護士さんたちが、3月18日に下記の通り、国家賠償法による裁判を行うことを企図して、被災者を対象にした説明会を開催します。
 弁護士さんからのご案内のチラシを掲載させていただきます。