「弁護士による鬼怒川水害被災者への説明会」(3回目)ー6/2、茨城県常総市

 凄まじい被害をもたらした2015年9月の鬼怒川水害は、河川管理者である国土交通省の過ちによるところが大きく、その責任は重大です。
 巨大ダム建設を優先し、本来、水害を防ぐためにやらなければならない堤防強化等をなおざりにしている現在の河川行政を放置していては、今後も同じような水害が繰り返される危険があります。
 国家賠償法により、被災者が国に対して損害賠償を求める裁判の準備を十数名の弁護士さんが進めています。

「弁護士による鬼怒川水害被災者への説明会」(3回目)

〇日時:2018年6月2日(土) 午後3時00分~5時00分

〇会場:水海道公民館 3階和室 
 http://www.city.joso.lg.jp/soshiki/kyoiku/shogai/kyo06/gyomu/1421555965522.html
 常総市水海道栄町2680番地1 TEL 0297-22-3490

 国家賠償法による提訴は本年9月10日が期限です。常総市の若宮戸や上三坂の方だけではなく、八間堀川周辺の被災者の方も、裁判に参
加できます。

 鬼怒川水害の原因と責任についてまとめられたチラシです。(以下の文字列をクリックすると、チラシデータが開きます。)
 https://yamba-net.org/wp/wp-content/uploads/2018/06/bdb0fb188450ee97a63cf1439be497e4.pdf