会報38号発行しました。

 このほど会報38号を発行しました。

 巻頭言は、大熊孝(新潟大学名誉教授・あしたの会代表世話人)による『「民衆の自然観」と「国家の自然観」~「山川草木悉有仏性」と近代科学技術思想」です。
 このほか、「八ッ場の縄文時代について」(勅使河原彰)、「大幅に後退した地すべり対策と代替地安全対策」(嶋津暉之)などを収録しています。「事務局だより」には、「八ッ場ダムのここがキライ」コーナーも。

 ご購読を希望される方は、以下のメールフォームでご連絡ください。

 ★お問い合わせメールフォーム