2020年度の全国のダム事業の予算額

 2020年度の各ダムの当初予算が決まりました。
 嶋津暉之さん(元・東京都環境科学研究所研究員、当会運営委員)が作成した予算額の表を解説と共に紹介させていただきます。

~~~
 以下の画像あるいは文字列をクリックしていただくと、直轄ダム・水資源機構ダムと補助ダム(国の補助金でつくられる都道府県営のダム)の2019~2020年度予算をまとめた表が表示されます。

◆直轄ダムと水資源機構ダムの2019~2020年度予算の表
直轄ダム水資源機構ダムの2019~2020年度予算のサムネイル

 直轄ダム・水資源機構ダムの総額は、2019年度1915億円、2020年度1573億円です。八ツ場ダムが完成し、小石原川ダム(福岡県)がほぼ完成しましたので、2020年度は前年度より少し減っています。
(2019年度の全国のダム事業の予算の表は、こちらのページに掲載しています。)
 なお、八ッ場ダム事業はダム建設事業(5320億円)と水源対策特別措置法の事業(997億円)と利根川・荒川水源地域対策基金事業(178億円)の三事業から成り立っています。八ッ場ダム事業ではダム建設事業は昨年度で終了しましたが、他の二事業による関連工事はまだ残っています。上記の国土交通省の予算にはダム建設事業以外の予算は含まれていません。

 補助ダムの総額は、2019年度497億円、2020年度450億円です。長崎県の石木ダムの2020年度予算は8.1億円です。

◆補助ダムの2019~2020年度予算の表
補助ダムの2019~2020年度予算のサムネイル

 出典は国土交通省のホームページです。
 直轄ダム・水資源機構ダムの2020年度予算は、以下のページになります。
 http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/yosan/gaiyou/yosan/r02/draft_r02.pdf

 補助ダムの2020年度予算は、以下のページ「令和2年度 水管理・国土保全局 事業実施箇所」からリンクされている各都道府県の表から取り出しています。
 http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/yosan/gaiyou/yosan/r02enforcement.html
 
 昨年度よりは少し減ったとはいえ、2020年度も国直轄ダム、水資源機構ダム、補助ダムをあわせると全国でダム建設に2000億円を超える公費が投じられることになります。この公費がダムではなく、本当に有効な治水対策に使うことができればと思います。