ダムの町、長野原町長選、無投票か

2010年3月12日 東京新聞群馬版より転載
ー八ツ場ダムの地元、無投票か 4月の群馬県長野原町長選ー
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010031201000585.html

 前原誠司国土交通相の中止宣言に揺れる八ツ場ダムの地元、群馬県長野原町で12日、任期満了に伴う町長選(4月13日告示、18日投開票)の立候補予定者説明会が開かれ、高山欣也町長(66)陣営だけが出席した。

 町選管にはほかに問い合わせもなく、高山氏の無投票当選となる可能性が高くなっている。

 高山氏以外に手を挙げる人がいないことについて、川原湯温泉の旅館経営者の男性は「ダムでこんなにもめているときに、わざわざ火中のクリを拾う人はいないのでは」と話した。

 高山氏は昨年12月の町議会一般質問で「引き続き町長職を担当していかなければならないと思っている」として再選を目指す考えを表明していた。

 高山町長は水没予定の長野原町・川原湯地区生まれ。ダム建設をめぐっては補償交渉委員会の事務局長を務めた。2006年に初当選。(共同)