東京発JR高速バス「上州ゆめぐり号」、川原湯温泉駅前の停留所復活

 JRバスのこんなツイートが流れてきました。
 東京発JR高速バス「上州ゆめぐり号」が7/16より「川原湯温泉駅」に停車するというのです。 

 東京発のJRバスは、2012年10月まで川原湯温泉駅に停車していました。
 水没地にあった川原湯温泉駅は、ダム建設地を走っていたJR吾妻線の付け替え工事が完了した2014年10月に現在地に移転しましたが、駅の移転後もJRバス「上州ゆけむり号」は川原湯温泉を素通りして、草津温泉へ向かっていました。高速バスの運賃は列車より割安で便利なことから、特に若い世代に川原湯温泉の停留所復活を望む声がありました。

 JRバス関東のホームページには、時刻表や運賃表、問い合わせ先、予約方法が掲載されており、ダム事業で川原湯温泉駅前に整備された地域振興施設「川原湯温泉あそびの基地NOA」への便利な交通手段としてアピールされています。

★JRバス関東ホームページより
 【7/16ダイヤ改正】高速バス「ゆめぐり号(東京駅・新宿駅~伊香保温泉・草津温泉)」が川原湯温泉駅へ新たに停車します!
http://www.jrbuskanto.co.jp/topics/716.html

 水没地では川原湯温泉駅のすぐ前に温泉街のアーケードがありましたが、現在の川原湯温泉の旅館や店舗はJR川原湯温泉駅から離れており、近い所でも歩いて20分ほどかかります。はたして高速バスは川原湯温泉の宿泊増に貢献するでしょうか。
 

・時刻表
 2022年7月16日からの時刻表
 http://www.jrbuskanto.co.jp/20220716yumeguritimetable.pdf

・運賃表

◆2022年6月23日 乗りものニュース
ー伊香保・草津に並んだ!? 東京直通JR高速バス「川原湯温泉」停車へ 八ッ場ダムで“新生”ー

上州ゆめぐり号が川原湯温泉へ停車
 ジェイアールバス関東が運行する東京駅・新宿~伊香保温泉・草津温泉線「ゆめぐり号」のダイヤ改正が2022年7月16日に実施されます。

 今回の改正により、伊香保と草津のあいだで新たに、JR吾妻線の「川原湯温泉駅」(群馬県長野原町)へ4往復が停車します。

 川原湯温泉は開湯800年の歴史を持つものの、もとの源泉と温泉街は八ッ場ダムに沈みました。このため2014年、高台に新たな源泉が掘られ、旅館なども移転。湖畔の温泉街に生まれ変わっています。

 バスが停車するのは駅前。ここには温泉やキャンプサイト、BBQサイトを有し、カヌーなど湖のアクティビティの拠点ともなる複合施設が2020年にオープン。電車で行ける!をウリにしていますが、新たに東京直通の高速バスという足も手に入れることになりました。

 ジェイアールバス関東は、「高速バスから降りてすぐに大自然のアクティビティへ。楽しんだあとは温泉でリラックス♪」としています。

―――転載終わり―――

 9月17日からはJRバスとは別のバス路線が、道の駅「八ッ場ふるさと館」に停車するとのニュースも流れています。このバス路線を始めたのは、ダムのある長野原町のベンチャー企業です。
 道の駅「八ッ場ふるさと館」はダム湖を挟んで川原湯温泉駅の対岸にあり、道の駅から徒歩20分ほどで川原湯温泉駅に着きます。

★高速バス「Dts line八ッ場・草津温泉号」に東京発着便が追加! 「大崎・池袋線」「東京・池袋線」
 9月17日(土)から新規運行開始
 https://www.atpress.ne.jp/news/310321